深さを測る

c0164709_20540885.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-23 20:54 | Comments(0)

おまけじゃないものを測る

おまけの測定と、ほぼ同じ時期にミクロワールドサービスさんの本日の画像に22mm角のカバーガラスの厚みを測定する記事が掲載されていた。そちらも、ほぼ170ミクロンの測定値。顕微鏡の対物レンズの指定カーバーガラス厚が0.17mmであることを考えると、当たり前のようにも思えることではある。

でも、ミクロワールドサービスさんのテストプレートのRL-TESTの説明を見ると,0.14~0.15の選別されたカバーガラスを使っているとの記述がある。伝え聞く話では、ミクロワールドサービスさんのところで紹介されているツアイスとソーラボから供給されるようになるまでは、0.17mmのカバーガラスは入手困難な品であったのだそうだ。
というわけで、マツナミの普通のカバーガラスを測ってみることにした。
c0164709_10263815.jpg

箱を見ると、厚みは0.12~0.17となっている。そういえば、大昔の顕微鏡の本には、カバーガラスの厚みを計測する道具が紹介されていたのだけれど、最近の本には、そんな道具は記載されていない。技術の進歩でばらつきが減って計測の必要性がなくなったのかと思いたい気もするのだけれど、箱をみると、だいぶばらつきが許容されている。とりあえず、無作為に3枚取り出して測ってみた。
c0164709_10263921.jpg

c0164709_10263981.jpg

c0164709_10263930.jpg

3枚とも、0.17よりはかなり薄い。頑張って測ると0.17に近いのもあるかもしれないけれども、規格の一方の端なので、率は悪そうだ。
それにしても、顕微鏡の本に、あれほど170ミクロンから厚みが10ミクロン程度ずれただけで画質が劣化すると書いてあるのに、それより薄いものが普通に供給されていたのは理由のあることなのかしら。何しろ、スライドガラスではなく、1mm厚のガラス越しの観察が普通の世界の住人なので、高NA観察については実感を持っては語りにくい。試料がカバーガラスに密着していないような封入では、カバーガラスが少し薄めの方がよいのかなどとも考えては見たのだけれど、どうなのかろうか。



[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-21 11:00 | 顕微系 | Comments(0)

おまけを測る

おまけのカバーガラスの厚さを思わず測ってみた。使ったのは、中古で買い込んだ計器。
c0164709_08392590.jpg

えっと……170ミクロン±5ミクロンのはずなのだけれど、規格外だ。思わずもう一枚測ってみる。
c0164709_08392412.jpg

こちらも規格外。こうなると、カバーガラスのせいか、何かを挟んでいるのか、計器が狂っているのか分からなくなる。
で、別の物を引きずり出す事になる。
こちらは、構造上、長期間での狂いは少ないだろうと思える。
c0164709_08392599.jpg

こちらだと規格内。もう一枚は
c0164709_08392487.jpg

一応規格内。差を見ると、先ほどと同じなので、どうやら、最初の計器が3%弱狂っているとみるのが正しそう。ブロックゲージがあれば、校正値をだせるかなと思うのだけれど、さすがに持ち合わせがない。



[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-18 08:41 | 顕微系 | Comments(0)

電気の驚異

c0164709_20385050.jpg

このブログに何度も名前の出てきた山北藤一郎さんの本。アマゾンの古書でも、日本の古本屋でも見たことなかったのだけれど、ネットオークションで見かけて入手した。1955年の本だけれど、この一冊で電気とは何かということから、どうやって作って、どんなところで使われているなんていう事が一通り理解出来る。内容については、改めて紹介する予定。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-15 21:05 | 科学系 | Comments(0)

落ちはない

c0164709_20570447.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-13 20:57 | 街角系 | Comments(0)

普通用と極薄板用ガラス切り

c0164709_07473146.jpg

前のエントリーは薄板用125度刃先のものだけれども、上はホームセンター等で普通に売られている数mm厚用のガラス切り。前の写真はホイールの本体側の穴の部分を見ているけれども、これは、ホイールの先端側、ガラスに接する方を見ている。刃先角は測ってみて135度。このくらいの角度だと、0.6mmぐらいの液晶ディスプレイに使われているガラスだと、切り線が入らないか、板が力に負けて割れるかなんて状況となってしまう。昔、ある場所で、ホームセンターから買ってきたカッターで液晶用ガラスを切ろうとして、誰一人として成功しなかったことがある。前のエントリーの125度刃なら問題なく切れると思う。
でも、125度刃でもカバーガラスはうまく切れない。そのときに出番となるのが、さらに角度の急なもの。
c0164709_07473531.jpg

これは100度刃の超硬の品。これなら、カバーガラスにも切り線が入る。一頃、ステンドグラスサプライさんで売っていたのだけれど、その後メーカーが対応してくれなくなって、残念ながら廃番になっている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-12 07:57 | 物系 | Comments(0)

刃先角度を確かめる

ガラス切りの刃先を撮影したのは、刃先角度を確認したかったからだ。三星の品は公称125度なんだけれども、値が示されていないものもあり、その角度を確かめたかったのだ。
でも、昨日の写真を見ながら、刃先部分がくらくなってしまっていて、境界が不鮮明なので、もう少し鮮明になるような撮影の方が良いかなぁと思い立った。
というわけで、撮影してみたもの。
c0164709_22010840.jpg

前日の写真はピントをずらしたのを積んでいるのだけれど、目標はエッジ部分だけきちんと写っていればよいので、一枚での写真。この写真の上に線を引いて角度を求めると、ほぼ125度の値が出てくる。この手の写真で刃先角度は問題なく評価出来そうだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-09 22:07 | 物系 | Comments(0)

三星薄板用ガラス切り

c0164709_22100600.jpg

三星さんの薄板用ガラス切り。刃先角度は125度の品。スライドガラスの切断には悪くない品。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-07 22:13 | 物系 | Comments(0)

ねずみではない

家に帰るべく日の落ちた道を歩いていたら、一羽のカラスが電柱に止まって鳴いている。
カラスが出歩くのには、少し遅くないかと見上げると電線の上にカラスではない四つ足の人。割とスリムな体にすらっと伸びた尾っぽ。危うさを見せることなく、電線の上を歩いて行く。思わず見とれていると、電線の上を交差点まで行って、直角方向の電線に乗り換えてすたすたと行ってしまった。
その周り、何故かカラスが集まってきて、鳴きながら飛んでいたのは何故なんだろう。
ハクビシンかなと思ってWebを探してみたら、確かに電線を渡る写真があり、シルエットは似ている。このあたり、ハクビシンが出没するのは知っていたけれども、地上を伝わって移動していると思っていただけに、インパクトがあった。
そういえば、ハクビシンだけでなく狸の目撃情報もあるらしい。空き家や空きアパートがあるので、そのあたりを塒にしているのかもしれない。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-06 06:48 | 動物系 | Comments(0)

夏のせい

c0164709_18013737.jpg

顕微鏡用のLED光源。黒い放熱板の方が青色励起のLED、アルミ色の方が紫励起LEDだ。両方とも9Wなのだけれど、紫励起の方は放熱板がかなり温度が上がってしまって、冷却ファンが必要かなと思って、そのまま放置していた。
最初は、紫励起の方の効率の悪さ故かと思っていたのだけれど、それだけでなく、夏で外気温も上がっていたのも影響したようで、青励起もそこそこの温度になっていた。冬になって紫励起を久しぶりに点灯したら、生ぬるいくらい程度で収まっているので、顕微鏡光源に使うことにした。AC100Vの冷却ファンも安いのは入手しているので、夏になったら組み合わせるつもりだ。
c0164709_18013567.jpg

電源はネットオークション経由。
c0164709_18014065.jpg

25Vで1A出る直流安定化電源で、メーターの最小メモリが10mA程度の物があれば問題なく点灯する。
実は直流安定化電源はもう一台ある
c0164709_18014323.jpg

こちらは、サードパーティーの充電池から充電池部分を抜いた物に接続されていて、EM5-MKIIを動かしている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-03 18:23 | 顕微系 | Comments(0)

宝探し

放散虫スライドは手元に届いているのだけれど、じっくりと眺める暇がない。とりあえず、4倍対物で覗いてみる。
c0164709_08525539.jpg

暗視野ではなく、位相差つかって照らしている。同じく暗視野っぽく見えていても照明のNAが変わると見た目も変わる。
c0164709_08525513.jpg

今回のスライド、どこに何が隠れているかはじっくり眺めないと気がつかないだろうと思う。ゆっくり宝探しをしようと思っている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-01-01 08:56 | 顕微系 | Comments(0)

年内終了

c0164709_23113262.jpg

とても使い捨てとは思えないのだけれども、どこかにしまっていて、毎年使っているのだろうかしら
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-31 23:12 | 街角系 | Comments(0)

初雪

ふと外を見たら雪が降っている。思わずカメラを持ち出したんだけれど、
c0164709_23091814.jpg

うまく取れていない……。世の中冬枯れだけれども、彼岸花、葉っぱが生い茂っている。
c0164709_23091818.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-31 23:11 | Comments(0)

要反省……

正月を迎える準備も出来ていないというのに、ふらふらと散歩に出かけた。
通りかかりの壁の模様が面白くて写真を撮ったら
c0164709_10344686.jpg

通りがかりの小母さんに、「みんなここで写真をとっているのよ」
と言われてしまった。なんか、気分的に反省を迫られている……
こちらは、
c0164709_10344985.jpg

撮る人は少ないのではないかと思いたい。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-30 10:37 | 街角系 | Comments(0)

師走・夕暮れ

通りかかったら人々がカメラを構えていたので、その先をみたら富士山がいた
c0164709_18454664.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-27 18:46 | 街角系 | Comments(0)

氷点下

このあたり、この冬一番の冷え込みで観測点の気温が零下になり初氷と報道されていた。
c0164709_20521098.jpg

数日前に、このあたりでは初氷だったわけで、観測点よりは少しは温度が低いのだろうと思う。とはいえ、観測点でも氷点下になった今日は、さすがに、氷がよく広がっている。ただし、前面結氷には至っていない。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-18 20:56 | 街角系 | Comments(0)

冬晴れ

c0164709_19045983.jpg

なかなかに見通しがよい
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-17 19:06 | 街角系 | Comments(0)

結氷中

昨日は水面に結晶が延びているだけだったけれど、今日は伸びた結晶の間にも氷が張っていた。
c0164709_21234739.jpg

地上には霜柱。
c0164709_21042046.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-14 21:05 | Comments(0)

初氷

c0164709_20340277.jpg

水面に氷が伸びていた。水面を覆うほど育ってはいないのだけれど、今シーズンの初氷だと思う。
水面の反射がすごいので、偏光フィルターを入れてみたけれど、なんか、ブリュースター角の説明写真になってしまった。
c0164709_20340272.jpg

気がつくと季節がだいぶ過ぎている。
c0164709_20340219.jpg

サザンカ、満開はとっくに過ぎ、
c0164709_20340221.jpg

紅葉も赤を通り過ぎている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-13 20:36 | 植物系 | Comments(0)

ロケット公園

あてもなく散歩をしていたら聞こえてきた前を歩く親子の会話。子供が「ロケット公園に行こう」と言っていた。
そんな公園を聞いたことがなかったので、ふらふらと後をつけていったら、町中の普通の公園にたどり着いた。
あれっと思って見てみると、真中にコンクリートで出来たロケットが鎮座している。

そのときから何年か立って、そのあたりを再びふらふらと歩いていて、思いついてロケット公園に行ってみた。
c0164709_06480634.jpg

えっと、コンクリートのロケットがなくなっていました。一応、それらしい物はあるのだけれど、先代に比べると、随分とスケールダウン感がある。子供達は今でもロケット公園と呼んでいるのだろうか。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-11 06:51 | 街角系 | Comments(0)

合致せず

c0164709_06493128.jpg

東芝の電球。もちろん、非現行商品だ。売れなくなって、大手電機メーカーは作るのをやめてしまった分けだけれども、タングステンの加工技術などは、ちゃんと残るのかなぁなどと少し不安になってしまう。

タイトルは……この写真を昔にあげたか不安だったので、Gの画像検索をかけてみたら、類似画像が全く異なるものしかなかったゆえ。もっとも、どこまで信じられるのかと、21世紀になって撮影した、上げたことがある人物写真を出したら、類似画像がなく、「この画像の最良の推測結果: 生き残る: 関東軍、最後の新兵さん」だとさ。AI恐るべし……


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-07 06:59 | 物系 | Comments(0)

quick fix

c0164709_18561173.jpg

お蔵入りになっていた電卓。キーが効かなくなってしまって、メーカー修理は望めないし、自分でやろうとすると、本体を二つにしないといけなそうなので、そのままになっていた。何しろ、捨てるにはもったいない。
この頃の電卓、
c0164709_18561546.jpg

この機種でもボタンが効かなくなる故障がある。それも修理困難かと思っていたら、電子工作やってみたよに簡単修理の方法が載っていた。それによると、多い辞書などを上にのせてへ一晩おいて、平面性を撮れば、復活するのだそうだ。

というわけで、機種は違うけど、同じ方法を試してみることにした。辞書ではなく、アルミ板を置いて、重しを乗せて、一晩おいてみたのだけれど、残念ながら、復活しなかった。

だめだったなぁと思いながら、ふと、Web検索をしたら、hp48 gx quick fix というyoutubeの動画があり、それによると液晶ディスプレイの下の
c0164709_18561291.jpg

ペンのあたりの部分を押すと、復活するらしい。

半信半疑で試してみたら、見事に復活しました。置いとくと、数日程度で、また効かないキーが出てくるのだけれど、また押せばすぐに復活する。

というわけで、電卓、見事に復活しましたとも。捨てなくて良かった。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-03 19:08 | 物系 | Comments(0)

刃物店員の刃物知らず……

国道の拠点の近傍にいく用事があったので、ついでに刃物屋さんにも足を伸ばした。
非売品ではあるけれども、藤原良明の小刀が飾ってある。ショーケースの中でアクリルの台で斜めに立てかけているのだけれど、小刀が長すぎて先端が後ろの壁に当たっている。でも、記憶をたどると、前回来たときは、藤原良明ではなく藤原真平の小刀だった気がする。で、先端が壁にめり込んでいるのにショックをうけて、店員さんに扱いに注意するようにお願いした。
記憶が正しければ真平銘を良明銘に替えたわけで、裏では随分と在庫を持っているのかなぁという気分になっている。
そういえば、その前来たときには、重房の小出刃とアジ包丁が入れ替わって展示していて、最初に指摘した店員さんは、「手作りだからばらつきがある」なんて重房さんに失礼な事を言っていたけれど、しつこく喰い探った結果として呼ばれてきた店員さんは、一目見るなり間違いを認めて入れ替えていた。
で、本日は、まだアジ包丁があるか見に行こうと思ったら、手前で店員さんが段ボールを使った梱包作業をしていて、奥にいけない。まあ、見ても買うわけではないので声をかけて通してもらったりはしなかったのだけれど、梱包作業を見ていると、段ボールを切るのに、小型のカッターナイフを使って、刃をものすごく出して使っている。切っている最中に刃が撓うのが見て分かる。
いや、これ、危なすぎるでしょう。というか、伝統ある刃物屋の店員さんの作業としては、あるまじき刃物の使い方。
決して若い店員さんではなかったわけで、この店、確かによい刃物は置いてあるのだろうけれども、店員さんは決して刃物好きではなく、単なる商品でしかないんだろうなぁと感じてしまっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-12-02 20:37 | 文系 | Comments(0)

普通のピンセットを買おうとピンセット屋さんのWebを見ていたら、妙な形態のピンセットに目が行ってしまった。
c0164709_20503954.jpg

一段折れ曲がりに2AEは持っていて便利に使っているのだけれど、これは、2段折れ曲がり。
余りの変さに、ついでにポチッてしまった……
手元には届いているのだけれど、ばたばたしていて試す機会を作れないのが悲しいところだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-28 20:57 | 物系 | Comments(0)

赤外分光器の分散素子


大昔の分光器の取り外し部品らしい。物差しと合わせると10cm程度の大きさのプリズムが使われている。
c0164709_13121208.jpg


なかなかの迫力だ

c0164709_13121184.jpg


普通の分光器のプリズムは石英や光学硝子で作られているのだけれども、このプリズムの素材はNaCl。塩のプリズムだ。使われていた分光器を見たことはないけれども伝え聞く話では赤外の分光器だったそうだ。

c0164709_13121154.jpg


赤外の分光器は、現在はFT型ばかりだけれど、その昔は分散型素子を使った物も使われていた。もっとも、この品は分散型素子でもかなり昔のものではないかと思う。

プリズムがNaClで出来ているのは、石英やガラスは赤外に吸収をもっている領域があるため。回折格子と異なり、材料が透明な波長範囲でしかプリズムは使えない。

NaClのプリズムは柔らかいので、傷をつけないように注意が必要だ。残念ながら端が少しかけてしまっているけれども、でも、面はなかなかきれいだ。これは、かなりたいしたことだ。何しろNaClには潮解性があるので、極東の島国で湿度対策をせずにおいておくと、表面が不透明に荒れて、流れ落ちてしまうのだ。装置を動かしていない時は、本体から外してデシケータで保管していたようだ。
その後ずっとデシケータで保管されていたわけだけれども、よくまあ、ご無事でという気もする。

半導体検出器のような感度の高い赤外検出器が存在しなかった当時に、こんなプリズムを装着した分光器で赤外の測定をするのは、それだけで一仕事だっただろうと思う。



[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-26 13:15 | 科学系 | Comments(0)

立方晶結晶模型

天文古玩さんのところで、クリスタル製の結晶模型が出ていた

結晶模型といっても、ツブツブが並んだやつではなく、結晶の対称性を示すもので、ここでも、北緯50度の街の博物館で見たものを上げたことがある。

クリスタルの結晶模型格好いいなぁと眺めて、似たものを持ってないかなぁとごそごそしていたら、透明な立方体が出てきた。
c0164709_05514286.jpg

スケールと一緒に移すのを忘れたけれど、一辺3cm。


残念ながら、立方体以外の持ち合わせはない。というのも、この品、食塩で出来ているのだ。食塩でも、多結晶だったら、彫刻製品も存在するし、単結晶でも直方体は簡単に作れるし、研磨すれば直角じゃない角度も出せるのだけれど、研磨する根性はないし、劈開してしまうのには惜しい品だ。

この品は水溶液からではなく、加熱溶融状態からの結晶成長で作られているだろうと思う。大昔には、もっと大きな単結晶の需用があって、大きな単結晶が作られていたのだと思う。これより大きな単結晶を使った製品を一つは知っているので、それを次回に紹介したい。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-24 06:02 | 科学系 | Comments(0)

軸外し放物面鏡

回折格子と一緒にやってきた凹面鏡。アルミニウムが部分的に腐食してしまっている。
c0164709_07184593.jpg

状態が悪かったので、来たときに少し眺めたきりで、一応は防湿箱に入れていたのだけれど、久しぶりに回折格子を眺めようと取り出したついでに、これも出してみて、目を見張った。

急に目を見張る羽目になったのは、少し前に、ニコンの古いカタログを眺めていたからだ。
c0164709_07190043.jpg

ニコンは25cmと50cmの分光器を売っていたのだけれど、25cmの方は、G-250とP-250という二つの機種があった。カタログの頁をめくると、光路図もついて、それぞれの説明がある。
c0164709_07190024.jpg

c0164709_07190137.jpg



二つで何が違うのかというとG-250の方はスリットから出てきた光を回折格子に入れる平行光線にするのに球面の凹面鏡を使っているのに対して、P-250の方は放物面鏡を使っている。

球面は、その曲率半径の点から出てきた光を、元の点に集光して集める能力はあっても、一点から出てきた光を平行光線にする力はない。それに、一点から出た光を異なる方向に送ろうとすると、非点収差が生じてしまう。

一方、放物面鏡なら、一点から出た光を平行光線にできる。そして、放物面鏡の片側、放物面鏡の光軸を外れた部分だけを使えば、焦点位置からの光を、焦点位置を通らない平行光線として送り出すことができる。これが、軸外し放物面鏡である。

最近ではカメラレンズにも随分と非球面が使われているけれども、それは、鋳型での鋳造みたいな方法で非球面が製造できるようになったから可能になったことで、非球面をいちいち切削で作り出さなければならなかった昔は、非球面レンズは非常に高価なものであった。もちろん、非球面のミラーも普通のミラーに比べれば遙かに高価な品で、そこら辺には絶対に転がっていない品だった。

ニコンの分光器は、回折格子は自社製造ではないのではないかと思うけれども、放物面鏡は自分のところで作っていたのではないかと思う。

さて、光路図を拡大してみると、球面鏡は左右対称に描かれているのに、放物面鏡の方は、軸外しだけあって、左右非対称。
c0164709_07190076.jpg

c0164709_07190133.jpg

そして、回折格子と一緒にやってきた凹面鏡を上から見ると、見事に非球面なのだ。
c0164709_07184431.jpg



これは、P-250に付いていたミラーに間違いない。それにしても、この品の出所がどんなところだったのか、気になってしまう。何しろ当時としては、かなり高価な品だったはず。そして、本体廃棄時に分光器から取り外されているので、この手の光学部品の価値を知っている人がいたはず。でも、ミラーの腐食の様子を見ると、分光器の上の蓋を開けた状態で会話がなされて、唾が飛んでミラーに付いたなんて可能性が疑われるのだ。ちなみに、グレーティングは600本の方なのも不思議なところで、P-250だったら、やっぱり1200本がついていて欲しかったところ。

平行光線の光源はなかったので、懐中電灯を狭い部屋でできるだけ離して、軸外しの結像を撮影してみた。


c0164709_07184567.jpg


軸外し放物面鏡と分かると、ミラーをきれいに修復したいのだけれど、アルミをはがすのから一仕事で、すぐには手をつけられそうにはない。




[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-22 07:21 | Comments(0)

ニコン25cm分光器取り外し品

c0164709_06491321.jpg

だいぶ前に、ネットオークション経由でやってきた一品。
顕微鏡の部品その他と纏めて出品されていて、メインは顕微鏡取り外し部品だったのだけれど、これは、ニコンの25cm分光器の取り外し品と思われる品で、使う宛てはないのだけれど、回折格子が手元にあるのも悪くはないので落札した。
ニコンのラベルが貼ってあるけれども、回折格子自体の製造は他のメーカーではないかと思う。取り外して、見えていないあたりのラベルを調べれば、本当の製造業者も分かるのではないかと思うけれど、未確認。
表側はというと
c0164709_06491382.jpg

全体に霞がかかったような感じで劣化が見られる。この手の光学部品は、カメラや顕微鏡のレンズなんかとは違って、クリーニングできないので、現状を保つのが最良の手段(でも、金属蒸着のスバル望遠鏡の鏡はドライアイス洗浄をしているらしい。なので、この手の光学部品も、ドライアイス洗浄は可能かもしれない)。というわけで、そのままにしている。
それにしても、どんな感じで撮影したら、回折格子感が出てくるのだろうか?


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-20 06:56 | 物系 | Comments(0)

工業用綿棒

前のエントリーで、渋谷ハンズは開店当時は、すごい刃物をおいていたと記したけれど、少し前に、新宿店が開店当時に高級ピンセットの品揃えが良かったと呟いていた人がいた。そう言われれば、いろんなピンセットおいてたなという気もするのだけれど、個人的には、それ以上に、綿棒に目がいっていた。綿棒といっても、衛生用品で扱っているのではなく、工業用綿棒。

とりあえず、手元に残っているのは、妙に細い品と、軸がアルミのもの。
c0164709_14222580.jpg

c0164709_14203904.jpg

c0164709_14203811.jpg


まだ残っているところを見ると、買ってはみた物の、そんなに活躍した訳ではないことになるけれども、こういった品は、通常は、まったく役に立たず、でも10年に一回くらいは、それがあるとないとでは、大違いという状況が生じて、そういう時に、「こんな事もあろうかと思って、これを用意していたんだよ」などと嘯きながら(本当は、面白いから買っておいただけだ)出してみせる品だから、単に、今のところは機会に恵まれていないという話なので、決してムダな買物ではないのである。

それにしても、新宿ハンズから高級ピンセットがいなくなったのと同じように、工業用綿棒もいなくなっていると思う。そりゃ、簡単には売れない品だけれども、渋谷ハンズと併せて(池袋ハンズは記憶の範囲で、開店時から特別なものはおいていない店の気がする)、普通の品しか置かなくなっているように思える。商売上は当然なんだろうけれども、見て楽しむ側からすれば、どんどんとつまらない店になっている。普通には見られない品を置いて、お客の視野を広げるというのは、売上げにはつながらなくても、店としての立派な社会貢献であると思うんだけれどね。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-11-19 14:23 | 物系 | Comments(0)