鉛筆ではない

c0164709_22104945.jpg

デッサン用の鉛筆にも見えそうなもの。確かに黒鉛なのは間違いないけれども
c0164709_22110443.jpg

側面の印字をみると、なんか電流を流しそうな品。その正体は……
c0164709_22111405.jpg

カーボンアーク灯の電極。
放電すると減っていくので、電極間の距離を調整する必要もある。
映写用だけでなく、舞台のスポットライトにも使われていたらしく、照明のアルバイトで、アーク灯を使っていて、電極調整しながら使っていたよなんて話を聞いた事がある。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-07 22:15 | 物系 | Trackback | Comments(0)

パートカラー(II)

パートカラーには残す色を指定する機能もあったりする。指定する場所によっては、
c0164709_21033996.jpg

やら
c0164709_21033286.jpg

やら
c0164709_21033682.jpg

のように、そこそこ広い波長範囲の色が残る。これは、それぞれの単色の画素のみが感度を持っている領域に対応すると思う。逆に、2つの色の画素が感度を持っているあたりを指定すると、選ぶ場所によるけれども
c0164709_21053791.jpg

やら
c0164709_21053345.jpg

のように、ほぼ一つの波長に限定されることも、
c0164709_21054559.jpg


c0164709_21054192.jpg

のように2つぐらいに広がる事もある。
おそらく、3つの色の画素がある比率となっている場所を設定すると、その組み合わせ以外は、モノクロになるのだろうとおもうのだけれど、ということは、グレーの場所を指定すると、一面グレーになるのだろうか?
単色フィルターでは試せないけど、カラーチャートなら可能なので、いずれ試してみようと思っている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-06 21:08 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

モノクロフィルター効果

白黒フィルムを使っていたころは、黄色やオレンジのフィルターを使って、空の明度を落としてコントラストをつけて遊んだりしていた。
最近のデジタルカメラのモノクロモードには、こうしたフィルター効果を設定できるものがある。単純には青系の画素のシグナルを弱めるという操作だろうと思うのだけれど、それがどれだけ整色フィルタの効果を模倣できるのか、少しばかり興味があって、ここのところのフィルターで試してみた。
まず、フィルターなし
c0164709_17354676.jpg

黄色フィルター
c0164709_17360163.jpg

黄色フィルター効果
c0164709_17361457.jpg

オレンジフィルター
c0164709_17362623.jpg

オレンジフィルター効果。なんか黄色とあんまり変わっている気がしない。たぶん、緑の途中でカットするなんて芸ができないためじゃないかと思う。
c0164709_17363728.jpg

赤フィルター
c0164709_17364318.jpg

赤フィルター効果。赤フィルターと違って、緑が随分と残っているけれども、完全に赤だけにすると、実効的な分解能が落ちるためかもしれない。
c0164709_17365061.jpg

緑フィルター(PO0)
c0164709_17365589.jpg

緑フィルター効果
c0164709_17365953.jpg


シャープカットフィルターの方は、さすがに、フィルターのように、ある波長でシャープにカットには鳴っていない。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-04 17:44 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

フィルターによる変化

今回は、モノクロ用フィルターによる変化
まずはフィルターなし。
c0164709_21361993.jpg

画像からすると光源はLEDですね。黄色フィルターをかけると
c0164709_21362474.jpg

オレンジで
c0164709_21363040.jpg


c0164709_21363547.jpg

そしてPO0
c0164709_21364299.jpg

とPO1
c0164709_21364665.jpg

当たり前の話だけれど、バンドパスフィルターのバンド幅は結構狭いので、色フィルターを書けても色味は変わらず、単に明るさが落ちるだけだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-02 21:41 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

大銀杏

c0164709_21493366.jpg

撮影は二の酉の日。でも場所は酉の市のそばの
c0164709_21494892.jpg

のある境内


[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-01 21:51 | 植物系 | Trackback | Comments(0)

パートカラー

最近のデジタルカメラには、アートフィルターという謎の物がついている。自分で使ったことはないのだけれど、何をやっているのか知りたくて、フィルター列を撮影してみた。
c0164709_21193641.jpg

えっと、この画像からすると、緑と赤の重なる部分だけ色を見せているようですね。逆に、このパートカラーを使うと、感度の重なりを比較的簡単に知ることができるのかもしれない。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-30 21:21 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

LED光源

連日代わり映えのしない図柄だけれど、本日は、LED照明。
c0164709_21293594.jpg

c0164709_21292336.jpg

c0164709_21285257.jpg

いずれも昼光色なんだけれど、430nmが弱いのやら、660nmが弱いのやら、いろいろだなぁという感じ。演色性は結構高いのも混ざっているのだけれど、微妙に電球とは異なっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-29 21:32 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

ホワイトバランスによる色味変化

c0164709_21133021.jpg

これは、昨日の写真の再掲。写真用のレフランプで、デジタルカメラのホワイトバランスは電球。これを太陽光とすると
c0164709_21133920.jpg

と青が相対的に暗く、赤の色転びが少なくなる。ついでに,蛍光灯にしてみたのが
c0164709_21134530.jpg

昨日のご近所さんの疑問に答えると、電球色WBだと、610nmあたりで、Rが最大になった後、波長が長くなるとRが落ちて、Bが出てきて紫がかってくる。なかなか謎の設定になっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-28 21:18 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

明るさによる色調変化

光源は150Wの写真用レフ球(白)。カメラのWBは電球
後ろから照明して、白色のアクリル板の上に、バンドパスフィルターを並べている。範囲は430nm~660nmまで10nm刻み。
上から露出が-3、-2…2,3
c0164709_19505820.jpg

c0164709_19510228.jpg

c0164709_19511012.jpg

c0164709_19511541.jpg

c0164709_19512059.jpg

c0164709_19512395.jpg

c0164709_19512838.jpg

人間の目は明るさがかなり変化しても、同じ色に見える事になっているのだけれど、このカメラ、だいぶ変化してしまっている。また、前にも書いたけれど、600nm台の赤が紫になるのは、かなりいただけない。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-27 19:56 | 科学系 | Trackback | Comments(1)

逆さま

c0164709_21130121.jpg

とある博物館の一コマ。スライドを拡大して見るために、ルーペがおいてあるのだけれど、上下逆になっていた。正しい方向にすると、目をくっつけないと見えない。でも、逆さになっていると、目を離していても一部は見える。
というわけで、ルーペ、逆さまに使われている模様。

ルーペの使い方、目をルーペに近づけるというのは、業界人には常識でも、普通の人は虫眼鏡みたいに、目から話して使ってしまうので、もう少し違う物を置いといた方が良さそうな気がする。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-23 21:16 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

黄色ではない

c0164709_22323697.jpg

c0164709_22322326.jpg

今日の画像は、背景が黄色っぽいけど、これは、オレンジフィルター。さらに赤フィルターだと
c0164709_22332810.jpg

c0164709_22350566.jpg

と背景は黄色っぽいままだけれど、だんだんと黒いままのフィルターが増えていく。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-22 22:35 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

黄色くない

c0164709_21555425.jpg

c0164709_21553613.jpg

昨日と似た画像だけれども、右下3つくらいが黒くなっている。
何をやったかというと、フィルムカメラ時代の黄色の整色フィルターを通して撮影している。
その割りに、背景が黄色くなっていないわけだけれども……
たぶん、背景部分については露出が過度で飽和しているためだと思う。背景の黄色が分かるようにすると、たぶん、色味が暗くなりすぎる。どうした物かと思案中。
それにしても、昨日の画像も今日の画像も580nmあたりが黄色より黄土色に近い感じになっている。露出をさらに増やすと黄色になるけれども……、スペクトル色の黄色の再現は結構難しい。昔のフィルムではどうだったのか、少し気になっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-21 22:00 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

色味の違い

c0164709_17470648.jpg

c0164709_17465156.jpg

写っているのは、前にも出した10nm間隔のバンドパスフィルター。440nmスタート。
後ろから、普通の60W電球で照明。カメラのホワイトバランスは電球固定。
同じレンズなので、レンズにより色味の違いはない。
下のものが、600nm台で紫がかっているのは、青の画素がこの波長で感度を持ってしまっている為と思われる。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-20 17:50 | 科学系 | Trackback | Comments(0)

1970年高崎機関区

c0164709_20371631.jpg

いわゆる扇形車庫。前後のある蒸気機関車の寝座だ。
c0164709_20370109.jpg

写真には写っていないけれど、扇の中央には転車台がある。
c0164709_20373195.jpg

は車庫の中に鎮座していた蒸気機関車。この時代、蒸気機関車の他に
c0164709_20374708.jpg

も居た。
テンダー車は八高線だとおもうけれど、C11は構内入れ替えようかしら。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-17 20:41 | フィルム | Trackback | Comments(0)

1970年都電16系統大塚窪町

c0164709_20574645.jpg

後ろは都バスの車庫。車庫は今でもあるけれども、再開発が進んで、一面ビルになっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-15 20:59 | フィルム | Trackback | Comments(0)

噴煙之いろいろ

祖父の家からやってきた絵はがき
c0164709_20294362.jpg

中身は
c0164709_20294791.jpg

c0164709_20295171.jpg

c0164709_20295785.jpg

c0164709_20300253.jpg

c0164709_20300734.jpg

c0164709_20301150.jpg

と確かに噴煙之いろいろ。祖父の家にあったところをみると、それなりに需要があったのだろうとおもう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-14 20:32 | Trackback | Comments(0)

めざせ

うどんを食べてホームセンターに行く予定で出かけたはずなんだけれど、蕎麦を食べてたどり着いたのは
c0164709_20060419.jpg

ポチ山というのがあるらしいけれど、見つけられなかった。そばにある建物には
c0164709_20060038.jpg

ちょっととぼけた人が入る。それにしても、
c0164709_20061044.jpg

を見かけても、冗談と思えなくなってしまったのは、富岡のせいだとおもう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-13 20:08 | 風景系 | Trackback | Comments(0)

再開発……

c0164709_21563032.jpg

路面電車の線路を付け替えして、ここに道路を通すらしい。まあ、それは、昔からの計画らしいのだけれど、それとあわせて、線路沿いの一郭が再開発されるようだ。
c0164709_21563584.jpg

建設計画みてたまげました。20階建てがここに立つらしい。
都内で2番目に木造アートが多い場所からは脱却するのかもしれないけれど、周囲とのアンバランスがとてつもなく大きくなりそうな気がする。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-09 21:58 | 街角系 | Trackback | Comments(0)

カクイ印ナイフカッターS型(II)

ナイフカッターの撮影をしたのはだいぶ前。で撮影した画像を眺めていたら、昨日のとは別の写真も出てきた。こちらは、黄色い方を使っている。
c0164709_21045360.jpg

は本体。
c0164709_21050842.jpg

後ろのスライダーを出して刃を出した状態。裏側から見ると
c0164709_21052825.jpg

となっている。これだと、後ろのスライダーの厚みの分だけカッターの刃が入っている場所の厚みがあって、その分刃が不安定担ってしまいそうだけれども、
c0164709_21071642.jpg

前の刃の側は狭まっていて、振れ幅が大きくならないようになっている。L型はこんな感じにはなっておらず、S型の用途と刃の曲がりやすさを考えて異なる構造にしているようだ。
なかなか芸が細かい。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-08 21:09 | 物系 | Trackback | Comments(0)

カクイ印ナイフカッターS型

「カッターナイフ 使用禁止」というのは、ここにたどり着く人の検索キーワードの一つ。
世間の様子を眺めていると、カッターナイフの怪我は、刃を出し過ぎないという基本をきちんと教えれば、随分と減りそうな印象gああるのだけれど、教える側にも、そんな認識がなくなっているっぽく、まあ、怪我は減らないだろうなぁという気もしている。さて、久々のカッターナイフ

c0164709_07045189.jpg

裏を見ても
c0164709_07063252.jpg

普通のカッターナイフっぽいけれど、
c0164709_07052389.jpg

これはカクイ印ナイフカッターS型。だいぶ前に出したL型同様、背面に支えがあって、刃が曲がらないように使えるタイプ。普通のカッターのように使うこともできる。
c0164709_07082109.jpg

おっと、これは、刃を出し過ぎだけれども……
色は2色。黄色もある。
c0164709_07042948.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-07 07:12 | 物系 | Trackback | Comments(0)

サザンカ咲いてる

c0164709_20054318.jpg

もう霜月…………
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-01 20:07 | 植物系 | Trackback | Comments(0)

照らしている

山手線の新型車両パンタグラフの根元にライトがあって、パンタグラフをライトアップしてた。
c0164709_20485870.jpg

意味はよくわからないけど、なかなか格好いい。
不思議なのは、もう一つのパンタグラフはライトアップされていなかったこと。
なぜなんだろう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-31 20:51 | 街角系 | Trackback | Comments(0)

手足はない

c0164709_21293209.jpg

を見て、当然のように、サンショウウオと同類の手足のある、合唱団のテナーのやつと思ってしまったのだけれど、
c0164709_21300237.jpg

の方だった。これは、素直においしいと思う。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-26 21:35 | 動物系 | Trackback | Comments(0)

実用品

c0164709_20281457.jpg

家にあった万年筆。万年筆がまだ実用品だった時代の品々。
c0164709_20275865.jpg

近年は昔風のデザインの品が流行みたいだけれど、実用品としては、こんな感じのほうが好きだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-23 20:31 | 物系 | Trackback | Comments(0)

時代到来

c0164709_20162492.jpg

チャペックの小説に出てきそうな掲示だ。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-19 20:17 | Trackback | Comments(0)

21世紀

c0164709_20482515.jpg

フィルムの撮影だけれど、撮影したのは21世紀も10年は過ぎたころ。よくみれば、自転車などは1970年代ではないけれども、でも20世紀と言われても不思議がらないようなところだ。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-18 20:51 | フィルム | Trackback | Comments(0)

近隣商店街(II)

近隣商店街とほぼ同じ場所で撮影。
c0164709_20390309.jpg

レンズの対角線画角もほぼ同じだと思う。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-17 20:41 | 街角系 | Trackback | Comments(0)

シーズン到来

c0164709_10265666.jpg

少し前まで暑かったはずなのに、こんなの見ると、すぐ冬だなぁという気分になってしまう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-16 10:27 | 街角系 | Trackback | Comments(0)

裏門の先

建物模型の展示を見てから、また、分岐毎の右左散歩。
c0164709_22015563.jpg

なかなか風情のある裏門を過ぎて、
c0164709_22022628.jpg

家の門に猫かと思うけれど、これは作り物。塀沿いには
c0164709_22024148.jpg

カッパもいた。
歩いていると民家のようなお寺
c0164709_22031570.jpg

さらに歩くとバス通りに出たのでバスにのる。下車したのは専用軌道の多い路面電車の終着駅。
c0164709_22031104.jpg

元気な商店街として有名だとおもうのだけれど、結構しまっている店もある
c0164709_22031606.jpg

これは、商店街脇の道
c0164709_22033044.jpg

Timesのやつ、どこからひろってきたのだろう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-10-13 22:07 | 街角系 | Trackback | Comments(0)