ブルー相の透過偏光と反射

ブルー相のplatelet組織は、少し前にも写真を出したけれど、透過の偏光で
c0164709_2145443.jpg

とカラフルなテクスチャーが出現する。ものの本には、異なる色の領域は、異なる結晶面に対応すると記されていたりする。ということは、反射でも似たような色調が見えるかなと思うのだけれど、実際に反射で眺めてみると
c0164709_2147712.jpg

と、少しばかり様子が異なっている。反射で緑に見えるドメインは、透過でも緑なので、確かに回折かなという気がするのだけれど、それ以外は色が結構変わってしまっている。透過で見えている色の正体が個人的にはよく分からなくなりつつある。前にも記したけれど、コノスコープで、回折スポットも見えていないし……………。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-18 21:49 | 液晶系 | Comments(0)
<< スパイク長靴 シロバナタンポポ? >>