指数関数的減少

吸収がある物質中では光の強度は距離に対して指数関数で減衰していく。ランベルト・ベールの法則などと呼ばれる話である。視覚的にそれを見せるには、全反射で使った螢光アクリル板が使えそうな気がしてきた。というわけで同じアクリル板の四角いのを買ってきて光を通してみた。
c0164709_17453332.jpg

露出が過度で、特に入射付近は飽和しているので、少し露出を下げてみた
c0164709_17461854.jpg

確かに減衰はしていくのだけれど、あまり強くはなく、指数関数的な感じがしないので、もう少し吸収が強そうな板で試してみた。
c0164709_17542954.jpg

これは、螢光緑の板。露出過度なので、露出を減らすと
c0164709_1748170.jpg

となる。ちょっとまだ露出過度の感じである。もう少し露出を落として拡大率を上げた物は、
c0164709_17483465.jpg

こんな感じ。JPEGだと、あまり強度比較ができる気がしないので、もとのファイルで、指数関数的な減少が拾えているかをチェックしようと思案中。
[PR]
by zam20f2 | 2009-01-04 17:56 | 科学系 | Comments(0)
<< 糸錦帯地(交織) 交織緞子 >>