20世紀のディスプレイ

20世紀を代表するのディスプレイというと、CRTになるのだろうけれども、ここで取り上げるのは、1980年代に開発が始まり、90年代には商品化されたけれど、21世紀を待たずに市場から消えていったキヤノンの強誘電性液晶ディスプレイである。
まず、実物をご覧いただこう。もはや、世界でも動く物は、それほどは多くはないのではないかと思う。
c0164709_735427.jpg

c0164709_741377.jpg

もっとも、この品にしても左側のエッジ付近は表示が悪化していて、その領域はだんだんと広がりつつはある。
c0164709_743486.jpg

このディスプレイが生き残れなかったのには、いくつかの理由がある。おそらく、最大の理由は、TFTプロセスの歩留まり向上と価格低下が予想以上に進んだこと。2番目の理由は、中間調の表示が悪く、写真などの表示には適していなかったこと。
写真を表示した状態を撮影したものと、もとのファイルをあわせて示すけれど、写真表示に難があることは一目瞭然だ。
c0164709_751329.jpg

c0164709_753080.jpg

上がディスプレイを移したものだけれど、画がぼつぼつしている。このディスプリエは画素が2階調で、中間長を出すために、1画素を4分割して、擬似的に中間調を表示していたと聞いた記憶がある。もとのディスプレイが確か1280×1024なので、本当の画素数は2560×2048だったはずである。極めて高精細なディスプレイなのである。
 この機種の駆動方式が独自で、専用のディスプレイボードが必要だった。その上、ケーブルもビデオケーブルと言うよりSCSIケーブルかという物であった。このため、その後にでたOSではドライバがないために使うことができない。この画像も、これだけのために残っているWin95マシンがあるから表示できている。
c0164709_755773.jpg

そして、3番目の問題は、異方的液体ではなく、1次元結晶のスメクチック相、それも強誘電相を用いていたこと。強誘電相を用いることは、このディスプレイの最大の特徴で、高速応答や、IPSと同様の広視野角特性、TFTが不要の低コスト、さらには低消費電力を可能にする記憶効果などが期待されるのだけけれど、その見返りとして、ショックへの弱さや駆動の難しさなどの問題が生じてしまった。表示装置に関しては、キヤノンが基本特許を抑えてしまったために、他社の参入が今一つ盛り上がらなかったことも、問題解決を困難にする要因になっていたかもしれない。それにしても、この唯一の製品の画像がNet上にほとんどないようで、思わずアップすることにした。


少し前の21世紀のビューファインダーとそれに付随するカメラを買い込んだのは、強誘電性液晶ビューファインダーを使っているのが大きな要因だった。もちろん、強誘電性液晶ビューファインダーがついているなら、無条件で本体を買ってしまう訳ではなく、某高倍率ズーム機はさんざん悩んで、結局は購入を見送ったのだけれど、もし、ビューファインダーが違うシステムだったら、あの機種を買うことはなかっただろうと思う。
[PR]
by zam20f2 | 2009-07-12 07:06 | 液晶系 | Comments(0)
<< 梅雨明け 白い花 >>