入射角によるRGB変化

写っているのは半球のプラスチックの底面に、多分だけれどコレステリック液晶が入ったもの。一応、液晶といって売っていた記憶がある。底面は柔らかく、押すと中は動くのだけれど、これは、全体をお湯に浸して色がない状態にしてから徐冷により均一度をあげている。
c0164709_2146087.jpg

これは手前からの照明。ライトの位置はライトの映り込みでわかると思う。
c0164709_21462186.jpg

これは、割と上からの照明。色が変化する。そして、ライトを奥側にすると
c0164709_21463932.jpg

となる。
コレステリック液晶の場合は、垂直入射垂直反射に比べて斜め入射にすると、色が短波長側にシフトするのだけれど、手前からの照明で、なんで赤くなるのかが不思議。
[PR]
by zam20f2 | 2009-12-04 21:49 | 科学系 | Comments(0)
<< スペクトル角度依存(その2) 流通在庫 >>