工芸品

内田洋行の英式コンパスは工芸品であって、工業製品ではない。次の写真は、抱針式小文廻の針の部分なのだけれど、見事に形状が異なっている。
c0164709_8384413.jpg

もちろん、このような明白な形状の違いだと、マイナーチェンジが行われたという解釈も成立するけれども、折れ曲がり部分を見ると、
c0164709_839557.jpg

という具合で、折れ曲がりの直下の角張った部分の長さが違っている。こうなると、職人さんの気分で部品が作られて、組み立てられているという感じである。
まあ、HAFF社のコンパスにしても、昨日のエントリーで出したように、折り曲げ方がテーゲーな品もあるのだけれど、でも、こちらの方が工業製品からさらに遠い。
これは、内田洋行の英式に特徴的なことなのだろうか、それとも英国の英式コンパスも、工芸品なのだろうか。
[PR]
by zam20f2 | 2010-01-30 08:42 | 物系 | Comments(0)
<< 留守番 HAFF PSとU >>