科学と社会

中谷宇吉郎は、岩波新書の赤版で2冊、青版で2冊だったと記憶しているのだけれど、これは、青版のうちの一冊。戦後、比較的すぐに出た本である。
c0164709_831488.jpg

中谷はこの本の中で、戦中におこったテルミット反応をつかった製鉄騒動などの千里眼事件を論じている。
それから60年ほど経っているけれども、多分、まだ、気をつけなければならない事柄なんだろうと思う。
[PR]
by zam20f2 | 2010-02-09 08:34 | 科学系 | Comments(0)
<< 大正5年の専門書価格 物理学序説 >>