科博

土偶を見に行った帰りに、吸い込まれてしまった。そういえば、改装が終わってから入るのは初めてかもしれない。
c0164709_1965035.jpg

1Fの展示室正面の赤道儀の屈折望遠鏡。思わず格好いいと思う。その脇には何故か
c0164709_1993097.jpg

そのほか、顕微鏡やら地震計やら格好いい物がいろいろところがっている。反対側のウイングでは、企画展をやっていたのだけれど、そこの微生物化石の電子顕微鏡写真に目を疑う。
c0164709_19114243.jpg

これは、なかなか精緻な作りで、感心はするのだけれど、まあ、驚かなかった。驚いたのは
c0164709_19123969.jpg

やら
c0164709_19125474.jpg

など。えーと、これは、正12面体だと思うのだけれど、どうしてこんなものを作ってしまうのだろう。この調子だと、どこかで正20面体やら切頭20面体の化石も出てくるのかとか、ワクワクしてしまう。
c0164709_1916080.jpg

これなんかも、なかなか不思議。
ところで、科博の建物はなかなか風情がある。なにげに
c0164709_19172860.jpg

とか
c0164709_19181943.jpg

とか
c0164709_19183571.jpg

とか
c0164709_1919533.jpg

などの窓がある。あと、展示も随分とかわっていた。
c0164709_19201665.jpg

ものすごくリアルな犬の模型を思わずかわいがるリアルな弥生人の女の子
c0164709_1921089.jpg

この人もえらくリアルだ。
もちろん、昔ながらの展示もある
c0164709_19233325.jpg

これは、マイマイ。でも右巻きと左巻きが並んでいるので幸せ感がる。こちらは、
c0164709_19242854.jpg

いろいろなコガネムシなのだけれど、ケースのアクリル板のせいで、偏光が確認できないので、すごく不幸せ感がある。その脇では
c0164709_192666.jpg

ウインドウズがトラブッていた。
[PR]
by zam20f2 | 2010-02-13 19:26 | 科学系 | Comments(0)
<< 科博(承前) ミニ商店 >>