手を動かさない教育

ワッフルの国から来た人がLC共振回路を作った。 物質のスペクトルに対する磁場の影響を測定する実験をやっている人で、手巻きの電磁石をステレオアンプにつないで使っていたのだけれど、どうも磁場が足りなかったらしい。
私何かだと、安直により高出力のアンプを使うことを考えるのだけれど、ワッフルの人は適当なコンデンサを使って共振回路にしてパワーの増強を図ったのである。
目から鱗が2枚ほど落ちた。1枚目は共振回路を作るという発想についてである。そして、もう一枚の鱗は、ワッフルの人は共振回路を作ればよいということは分かっていても、半田付けをするのは生まれて3度目だったことであった。
極東の島国だと、共振回路を思いつくような人は必ず半田付けの達人でもあって、目にもとまらぬ早業で実装作業を行うだろうと思うのだけれど、ワッフルの人はなかなか四苦八苦しながら作業をしていたらしい。
2枚目の鱗の方が1枚目より遙かに大きかった。そして、ワッフルの人はどういう教育を受けたのかが興味深かった。
たまたま、そのあたりに日本語が話せるガーネットの国の人がいたので、ワッフルの国の人に聞く代わりに、どんな大学教育をうけたのかを聞いてみた。
それによると、ガーネットの国では大学の授業は朝の7時半から夜7時半頃までびっしりあるそうだ。そして、大学低学年では所謂リベラルアーツをびっしりとやるらしい。もちろん、重たい実験もある。習うことは極東の島国の倍ぐらいあるのではないかと言う。重たい実験があると記したけれど、ワッフルの人が半田付け経験が無かったことを考えると、実験の内容はあくまでも科学的なことであって、技術的な手作業的なことは含まれていないのではないかという気がした。極東の島国だと、すぐに手を動かす教育になってしまうけれど、どうも、発想が根本的に異なる教育システムが存在しているのである。
余談になるが、それだけ授業があると、学生さんにはそれ以外のことをやる余裕は存在しない。それ故、ガーネットの国の大学にはサークル活動は存在しないそうだ。この話を、制限速度のない道路のある国にしばらく行っていた人に話したら、かの国では大学生は職業ではないかと言っていた。進学率はそれほど高くなく、むしろ選んで行くわけで、他の職業に就くのと同様に仕事として学生をやっているという発想があるのではないかという。確かに、伝統的に大学の授業料は無料であるはずだ。これは、職業に対する国からの支払いと思えば納得がいく話である。(逆にいうと、大学に進学することは、それを還元する義務を負うと言うことでもあろうと思う)

ワッフルやガーネットや速度無制限の国の教育システムを極東の島国で行うことは、いろいろな意味で現実的ではない。また、それが意味があるかもよく分からない。
極東の島国では、これまで、手を動かすことを教育に取り入れて来たように思う。このような教育は製造業の現場における細やかな改善と密接に結びついており、極東の島国の賃金が安かった時代には、安価で過剰とも言えるほどの高品質の工業製品に結びついていたのだろうと思う。極東の島国の賃金が高くなった結果として、過剰な品質による高コストは競争力の低下を引き起こす遠因にもなっているとは思うのだけれど、ある場面では極めて有効な教育システムであったわけだ。従って、ワッフルの人の教育を導入することは、これまでの強みを放棄することにもつながるのである。現状で、問題を抱えているかもしれないけれど、そのやり方を放棄して極東の島国がこれからもやっていけるのかはよく分からない。
とは言え、ワッフルの人の教育に興味を持ったのは極東の島国の教育システムには綻びが生じているような印象があるからである。もっともこれは教育システムの綻びというよりは社会システムの綻びと言って良いかもしれない。技術が進歩して、考えずに物事ができるようになった結果として、極東の島国を支えていた手を動かして考えるという発想が弱くなっている印象がある。とりあえず、答の出ない問題だけれど、しばらく思案し続けなければならない…
[PR]
by zam20f2 | 2010-04-04 21:02 | 文系 | Comments(0)
<< 自宅でできる液晶観察(その1) のぞく >>