ステージ工作(その1) (自宅でできる液晶観察 5)

ホットステージを作るために用意した部材は、厚さ3mmで約5cm×7cmのアルミ板3枚と厚さ1mmのアルミ板である。
c0164709_19564164.jpg






3mmのアルミ板は10×20cmの板を東急ハンズで購入して切断してもらっている(有料)。部材としてアルミを用いたのは価格がやすかったからで、当初は銅を使うつもりでいたのだけれど、板の値段が3000円近かった時点で断念した。アルミ板は1000円弱である。板からの切り出しは自分でやってもよいのだけれど、多分、端が揃わなくて見苦しくなるので、お金で解決することにしてしまった。1mmのアルミ板は、ヒーターの厚みが2mmなので、このままではヒーターとホットステージの接触が悪いので、隙間を埋める為のものである。
厚さ3mmの板は、全体をひとまとめに止めるための穴を7カ所にあける。また、そのうちの2枚は、液晶を観察するための穴を1カ所にあけ、そして、残りの1枚にはヒーターを入れる部分と試料を入れる部分に角型の溝を入れる予定である。大雑把な図面を次に示す。
c0164709_1958947.gif

家庭でできる液晶観察を標榜しているので、ホットステージを作るのに使う工具もドリルと糸のことヤスリのみである。
[PR]
by zam20f2 | 2010-04-18 19:58 | 科学系 | Comments(0)
<< ステージ工作(その2) (自宅... ヒーター (自宅でできる液晶観... >>