色のもと

c0164709_964536.jpg

この珪藻、暗視野照明でみると青に呈色する。珪藻の長手方向から斜入射の光をいれた場合のみ呈色するので、長手方向に垂直な周期構造が存在するはずである。でも、手持ちの対物で構造を見ることが出来ていなかった。
NA1.25の油浸の対物が手に入ったので、眺めてみた。
c0164709_964194.jpg

このピント位置だと縞は見えないけれど、
c0164709_964397.jpg

だと縞が確認できる。珪藻の立体構造がどうなっているのか分からないのだけれど、とにかく、色のもとはここで見えている縞だろうと思う。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-27 09:11 | 顕微系 | Comments(0)
<< 暗視野コンデンサー 眉毛 >>