試料の廃棄方法(自宅でできる液晶観察30)

・薬品の取り扱い時にはゴムやプラスチックの手袋をして、薬品が皮膚につかないように注意して下さい。
・風通しのよい場所で作業して、蒸気を吸い込まないように注意して下さい。
・薬品の保存は要冷蔵の物であっても、食品と一緒の冷蔵庫には入れないで下さい。

実験の後で、液晶試料のついた物品を廃棄することになります。まだ、観察の話も始まっていなのに廃棄の話をするのは気が早すぎると思われるかもしれませんが、何かをやるときには、終わりまできちんと考えておかなければなりません。
企業や研究教育機関で液晶試料を扱う時には、試料は有害物質付着産業廃棄物として、きちんと区分けして処理業者に渡されます。しかし、家で実験をする場合には、産業廃棄物業者を見つけ出して処理を依頼するのは、あまり容易なことではないと思います。そこで、産業廃棄物業者に処理を依頼できなかった場合にどうするかについて、一つの考え方を次に記すことにします。一つの考え方と記しましたのは、以下の考え方は、いくつかの前提条件の下に成り立っているので、それが成り立たない場合には、おすすめできない手法となるからです。その場合には、考え方をヒントに、ご自身で処理方法を決定されるように御願いいたします。

まず、考え方の前提ですが今回扱っている物質は、毒性が高くなく、かつ、有害元素を含んでいません。MBBAもコレステロール誘導体も毒物にも劇物にも指定されていませんし、炭素、水素、酸素と窒素(MBBA)のみから構成されています。このことは、これらの物質は焼却しても、問題がないことを示しています。続いての前提は、このWebの情報を元に、自宅で液晶観察をする人の数は非常に少ないだろうということです。このことは、一般家庭ゴミに対する試料の付着したゴミの量がわずかであることを保証します。

以上の二つの前提が満たされるなら、試料を焼却すれば環境負荷なしの処理できると考えられます。ですから、液晶のついたセルを、ティッシュ等でよく拭って、液晶試料のついたティッシュをポリエチレン袋に入れて口を閉めて可燃物として家庭ゴミの処理ルートに流せば、まず問題は生じないと思います。ここで、ポリエチレン袋に入れるのは、低い確率ですが、ゴミ収集作業中に作業をされる方の皮膚等に付着するのを避けるためです。もし、ポリエチレン袋を可燃物としては処理できない場合には、ロー引きの耐水性のある紙袋などを使うことを考えてみて下さい。

残ったガラス板は、さすがに燃焼できませんので、不燃ゴミとして処理して下さい。この時、できれば、拭い切れていない試料を中性洗剤+クレンザーで洗って除去するとよいでしょう。ただし、洗うときに食物を調理する流しを使ってはいけません。また、洗うときに試料が手につかないように手袋をして下さい。

家庭ゴミとして出された、試料付きのティッシュは焼却炉で燃されます。しかし、塩素や水銀といった有害な元素を含んでいないので、燃焼後に問題になるような物は原理的に発生しません。まあ、窒素が含まれていますので、二酸化窒素は生じる可能性はありますが、窒素を含んだ可燃ゴミは食べ残しのタンパク質などもあり、それらに比べれば試料の量は無視できる程度なので、大丈夫だと思います。

ガラス板を洗うのは、液晶試料が高い濃度で一箇所に存在する状況を作らないためです。確かに板を洗うと、下水中に液晶試料が流れ出すことになりますが、洗う前にきちんとティッシュで拭っていれば、その量はかなりわずかになります。家庭からは液晶試料の他にも、水溶性の塗料の残渣とか、食品着色料とか、いろいろな有機物質が下水に流れ込みます。ここでも、やはり、液晶試料を流す人は、極めて限られているし量も少ないので、全体の中で無視できる量になると思います。

ところで、今回の瓶は10gと25gですが、これらが不要になって処分したい場合にはどうするかというと、考え方は同じで、液体のMBBAはそれなりの量のティッシュにすわせて、ポリ袋にくるんで可燃ゴミとして処分して大丈夫だろうと思います。また、コレステロール誘導体は、粉ですので、やはり飛び散らないように袋に入れて可燃ゴミとして扱うのが、一番不安の少ない方法であろうと思います。液晶セルの時に比べると一回あたりの廃棄量は格段に多いわけですが、それでも、ご近所から出てくる可燃物の量の合計に比べれば、非常にわずかな量でしかありません。

残った瓶は、中性洗剤と水をいれて栓をしてよく洗って下さい。洗浄液は地面に撒くよりは下水に流す方がよいかと思います。ただし、下水道がきちんとしていなくて、簡易処理場しかない場合には、慎重に振る舞われますように。

そして、瓶についている薬品のラベルははがしてから、瓶は不燃物として処理して下さい。薬品のラベルをはがすのは、誤解を避けるためです。基本的には毒性の少ない物質を、中身を洗って安全にしてからゴミとして出すのですが、ラベルを見ても普通の人には何であるのか、そして危険かが分からないので、ラベルがついたままだと誤解を与える可能性があるのです。無用な誤解を避けるためには、瓶のラベルをはがしてから廃棄すべきでありましょう。

この項目は、本当にこれで大丈夫か不安なこともあります。化学に詳しい方のコメントを頂ければ有り難くお願いいたします。
[PR]
by zam20f2 | 2011-02-23 21:53 | 顕微系 | Comments(0)
<< 裏口 非効率 >>