ニュートンリング

だいぶ前にスライドガラスでニュートンリングのようなものの写真を出したけれど、東急ハンズで3個400円で買った、直径1cm程度の、用途不明の光学部品(コーティングあり)とネットオークションで入手した焦点距離250mmの平凸レンズでニュートンリングに再挑戦した。
c0164709_2104148.jpg

でこんな具合に取れたのだけれど、問題はニュートンリングの大きさ。250mmの焦点距離でなのだけれど、計算するとBK7として曲率が130mm程度。中心から1mm離れると空気ギャップは4ミクロン程度になってしまう。0.5cmも離れると、0.1mm程度のギャップとなってしまう。このため、写真はOM20mmF2を使って撮影。倍率9倍程度。
お約束として、波長を変えての撮影。
c0164709_210432.jpg

c0164709_2104335.jpg

それぞれ、富士フイルムのプラスチックフィルター(BP420と620の長波長透過)を使っている。青い方が早くリングが見えなくなるのは、おそらくフィルターのバンド幅が広いため。もっと、狭帯域のフィルターが欲しいところだ。
[PR]
by zam20f2 | 2011-04-25 21:17 | 科学系 | Comments(0)
<< Tow dimensional... 菜の花 >>