2光束干渉レンズ

ここのところ有限系の2光束干渉レンズが、ネットオークションによく出てくる。どこかで大量に使っていたところが、機材更新でもかけたのではないかと思ってしまう。20倍は先日に入手したのだけれど、40倍が出ているとなると、つい…
撮影対象は半球状のゴム足、透明なやつ。普通の20倍で撮影すると
c0164709_13153322.jpg

これを先日の20倍DIレンズで撮影したのが
c0164709_13153752.jpg

そして今回の40倍
c0164709_13153985.jpg

なかなか、干渉縞が見えている。でも、等高線マップを描くには、きちんとステージの上下動と連動して撮影して処理をしないといけなそう。そうなるとビデオ入力の方がよさそうだ。
ところで、家で落射ユニットを取り付けるのが面倒だったので、某所の無限系の小型組み込みにつけてためしたら、干渉縞が観察できなかった。調整が悪かったのか、有限系のレンズを無限系につけてしまったために、球面収差が出て干渉縞が出なかったのかは、きちんと確認していない。それにしても、レンズが壊れているかと少し焦りましたとも。
※その後、もう少しチェックしたけれど、やはり鏡筒長不適合による球面収差が原因っぽい気がする。輪帯照明をすれば確認できるのだけれど、そこまで気力がない
[PR]
by zam20f2 | 2011-07-24 13:20 | 顕微系 | Comments(0)
<< Fingerprint tex... MBBA/Ch-My >>