Fingerprint texture

c0164709_21222436.jpg

これもFingerprint texture 日本語だと指紋状組織。対物は20倍で、昨日のよりは低倍率である。同じセル内だと思うけれど、場所は異なっている。
これは楔型セルで上の方がセル厚が薄い。セル厚がラセンピッチよりも薄くなってくると、界面で分子を垂直に立たせる力のほうが強くなり、螺旋をまかなくなる。一番上の黒い領域は螺旋がほどけて分子が垂直に配向している領域。セルが厚くなると螺旋を巻くようになるが、らせんで分子が基板に垂直なあたりは、暗いままとなる。ただし、その幅はせまくなっていき、セルが十分に厚いと黒いところは見えなくなる。この写真でも上よりは下の方が黒い領域の幅が減っているのが見える
[PR]
by zam20f2 | 2011-07-26 21:27 | 液晶系 | Comments(0)
<< Fingerprint tex... Fingerprint tex... >>