非標本写真的背景

標本的写真の背景は、基本的に単色無地なのだろうと思う。何しろ主役は、対象物なので、他に目が行くようなものがあってはいけないのである。でも学術的な写真じゃなかったら、なんとなく背景がある方が楽しめるような気もする。先日、出かけたついでに、草魚が生息している川の向こうにあるホームセンターに立ち寄って、少しガラス板を買ってきた。で、前からあるのとあわせて、すこしばかり、がちゃぽんの人を撮してみた。
c0164709_1585761.jpg

これは、下に敷いたのは普通の板ガラス(ただし、ガラスの下は5cmあけて黒い紙)
c0164709_1585584.jpg

ナングレアガラス
c0164709_1585394.jpg


c0164709_1585180.jpg

スリガラス
c0164709_1584869.jpg

これは、紫色の透明な色ガラス
c0164709_1584622.jpg

薄い青色のステンドガラス素材
c0164709_158365.jpg

何度か出てきた濃いめの青のステンドグラス素材
c0164709_1583230.jpg

表面がうねうねしていて青みがかった鏡
c0164709_1583041.jpg

表面がうねうねしている無色の鏡
c0164709_1581345.jpg

表面が凸凹している無色の鏡
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-08-21 15:14 | 物系 | Comments(0)
<< 背景ガラス(1) 磨き中 >>