どろといわ

海を見に行ったときに、鮮魚は買えなかったのだけれど(良いアジがあったんだけれど…)発作的にもずくを買い込んでしまった。
c0164709_22302328.jpg

家のそばにあるお店には、南の島で取れたもずくがおいてあることが普通なのだけれど、北側の海には、しゃきしゃきしたもずくがある。南の島のもずくに比べて固いので岩もずくというのかと思っていたら、岩についているかららしい。ついでに、塩抜きしたあとで熱湯をくぐらせるというのを初めて知った。実は、いままで、熱湯をかけずに食べていたのだった…………
いわもずく、沖合の大きな島のもあったけれど、値段からすると、この島の北の方で取れたやつの方が評価が高いらしい。
その、いわもずくの隣になぜかどろもずく。これは、完全に初めて見る。それにしても、どろもずくというネーミングは何なんだろう。ほとんど食べ物ではないような印象を与えるものだ。いや、でも、買ってしまったわけだけれど。こちらは、そのまま食べてよいのだろうか…
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-09-23 22:36 | 物系 | Comments(0)
<< 秋の赤 ご理解 >>