ホットステージ2号

液晶観察用のホットステージ2号を作りつつある。
1号は、色々考えて作ったつもりだったのだけれど、試料を入れるところの幅が狭く、スライドガラスを縦に二つに切って使うような作りだったため、使いにくかったのだ。1号が、あんな作りになったのは、試料の上下を、きちんと加熱した金属板で蔽いたかったため。横の穴の幅が広いと、設定温度と試料の温度の違いが大きくなるのではと恐れたためだった。
しばらく前に、トロリーバスの走る街に行ったときに、向こうの実験室で使っている液晶観察ようのオーブンを見せてもらった。なんと木箱の中に入っていて、銅製のブロックの上に、試料を置く作りだった。100℃程度いかなら大丈夫だよとの話だったので、それをまねすることにした。
c0164709_22181456.jpg

というわけの第2号。厚さ5mmで6cm×10cmのアルミ板を300円弱で買ってきて、金鋸で二つに切って、ドリルで5箇所穴を開けた物。2枚に切った板の間に80Wのハンダごてヒーターと熱電対を挟んで出来上がり。外箱は、厚さ2mmと4mmのシナ合板を買ってきて、適当に切って作っている。様子見なので、接着剤ではなく、テープで仮止め状態である。
、かかった費用はアルミ板300円とシナ合板が500円位。あと、ハンダごてヒーターが400円。ネジは100円くらいだった。熱電対は使い回しなのだけれど、それは一番高久で2000円している。素線を買ってきて、自分でつなげば、もう少し安くなるはず。いずれにせよ、材料費は5000円程度以下で、十分にOK。
とりあえず、試した限りでは、大丈夫そうだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-10-31 22:23 | 液晶系 | Comments(0)
<< 新機材 エアーカウンター >>