新機材

ホットステージ2号とあわせて、温調の新しいのを買い込んだ
c0164709_634212.jpg

などと記すと、前を読んでいる人なら、温調は2つ持っていたはずではないかという突っ込みが出てきそうである。いや、そうなんだけれど、諸般の事情で、2つとも家には今はないのである。
1台目は、勤め先で電力調整器タイプの温調が欲しいという声があり、家に2セットあるから1台は供出してもいいやと持って行った。で、2台目は、冷静に考えると、プログラムタイプで、ある温度に設定してという使い方がしづらいのが分かって、もう一台という気分になった。ちなみに、2台目も勤め先で、プログラムタイプが必要な状況が発生して、供出している。なんか、一般とは逆の意味で公私混同状態だ…。
2セットほど電力調整器と組み合わせで供出したにもかかわらず、まだ、電力調整器の在庫がある。まあ、こんな事もあろうかと、ネットオークションでまとめ買いをしたためなんだけれど(多分、3台目が最後だと思う。)、そのため、温調も電流出力のを入手する必要がある。が、ネットオークションを見ていても、なかなか出てこない。小がないから、新品をと考えはじめたけれど、オムロンのは結構高い。ソリッドステートリレーを制御する電圧出力タイプは1万円程度の安いタイプがあるのだけれど、電流出力は2万円近くなってしまう。他のメーカーはないのかとWebをあさっていたら、パナソニック電工で、1万程度で望みのスペックのが見つかった。それが上のやつ。
高校などで液晶用のステージを作るなら、電力調整器は新品で買うと高いので、ソリッドステートリレー用のを買うしかないと思うけれど(それだと、温調一式と、ホットステージの材料で2万円でおつりが来る。これなら、SSH程度の高校なら支出OKの範囲内だろうと思う)、電力調整器の在庫がある以上は、これが、ほぼ唯一の選択肢ではないかと思う。
さて、パナソニック電工の温調、初期設定では、D要素が強すぎる模様。何しろ、昇温過程で、比例帯に入るはるか手前あたりから、出力が止まって、振動しながら温度が上がっていく。もちろん、目標値で安定などせずに、結構大きくゆらゆらする。で、オートチューニングをした。マニュアルだと、4時間たってもオートチューニングが終了しない場合は、オートチューニングを止めるとあったので、いったい何時間かかるのかと不安だったのだけれど、割と直ぐに終わった(というかほっといて、他の事をやって戻ってきたら終わっていた)。その後は、問題なく動作している。(電力調整器のフル出力をいじってもよかったけれど、それはやっていない)
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-11-01 06:55 | 科学系 | Comments(0)
<< N相-SmC相転移 ホットステージ2号 >>