cholesteric droplet in glycerol

c0164709_10492862.jpg

コレステリック液晶をグリセリンの中に分散させたもの。対物40倍(NA0.85)、トランスファー2.5倍
一般に液晶は、なんらかの界面で界面に対して特定の角度で配向する(極角アンカリング)。ドロップレットの界面での分子方向の規制と、コレステリック液晶の構造で紋様が生じる。もうちょっと撮影倍率を上げたい気分だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-01-01 10:53 | 液晶系 | Comments(0)
<< 電池交換の長い道 EOS X50の露出ムラについて >>