カメラを…

天気につられて、ふらふらと出かける。フィルムカメラを持ち出したので、写真が見えるようになるのは当面先…。
しばらく歩いていたら、五代将軍の時代に作られた庭園のそばにたどり着いたので、久しぶりに入ろうかと行きかけたら、そのそばにあるミュージアムの張り紙が目に入って、思わずそちらに。
いろんな言語の本があるのだけれど、2階に上がったところのモリソン書庫は圧巻。思わず、持っていたデジカメも持ち出してしまいましたとも。
c0164709_9194840.jpg

ペリルさんのご尊顔も拝し
c0164709_9202261.jpg

クレバスの上をおそるおそる通り
c0164709_921549.jpg

これ、深さ10cmらしいのだけれど、すごく深くまであるように見える。だいぶ考えたのだけれど、
c0164709_921776.jpg

まだ、原理が分からない……………
その後、フィルムカメラで街中を撮りながら、でも、ちょっとしたものにはデジカメを出して
c0164709_9223579.jpg

縄文時代の次の時代の名前の元になった辺りを通って坂を下れば、近頃流行の散策スポット。確かに
c0164709_9242547.jpg

なちょっと面白い被写体はあるのだけれど、こんなところでカメラを提げていると、ガイドブックを見てやってきた人と間違えられてしまいそう…。
とりあえず、その地域から脱出すべく道を渡ろうと信号を待っていたら、外人さんに声をかけられた。カメラの写真を撮らせてくれと言う。いや、カメラって写真を撮るもので、撮られるものではないと思っていたのだけれど……。
それ以上、妙なことが起こらないうちに、谷をもう少し下って、裏口から日本で最初の動物園に。でも、日も暮れかかっていて、犀は扉の前で部屋の中に入ろうとしている。河馬も部屋の中。思わず
c0164709_9362869.jpg


な看板を撮してしまったのだけれど、愛嬌をふりまいていなくても
c0164709_9303392.jpg

良い風情。

白黒フィルムは2本まで溜まった。あと1本撮影したら、3本まとめて現像する予定。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-01-09 09:37 | 街角系 | Comments(1)
Commented by ZAM20F2 at 2012-01-11 20:40
おもしろ!ふしぎ?実験隊(http://tsukuba-ibk.com/omosiro/)の久保さんから、クレバス情報を頂きました。
http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2011/12/oo.html
ですが、確かに、これはありかなと思っています。で、今考えているのは、上のハーフミラーはどの程度の反射率がベストかです。反射率が高い方が、一段ごとの光の弱まり方が少ないのでより深く見えるようになるけれど、外が少しでも明るいと鏡に見えてしまうだろうなぁと思っているところです

<< 絞り付き EOS X50のミラーショック... >>