絶滅種:ケント英式抱針スプリングコンパス

c0164709_2023582.jpg

ケントの英式製図器。抱針式。抱針式と箱に書いてあっても、いわゆる抱針とは違うタイプのもあるのだけれど、これは、本当の抱針式タイプだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-04 20:25 | 物系 | Comments(2)
Commented by dali21 at 2012-02-04 23:14
あれ、これ私のと似ていると思い・・・探してみたら。確かに鉛筆芯の形状も同じなのだが・・・針の留めが後方サイドで針を引っぱり止める方法に成っています。
しかし、懐かしい物です。昭和40年頃中古のセットを買った物ですが、その後使用しなくなっても、自分の使ってた物は捨てられませんね。
ビームコンパスと言ったでしょうか。カナザシに挟んで使うのもありました・・・今と成っては、PCで簡単に済む様になりました。
Commented by ZAM20F2 at 2012-02-06 08:01
はい、典型的な英式のスプリングコンパスですので、こんな形のものを多くの方が使っていたと思います。この手の実用品は代替手段が出ると、あっという間に使われなくなるわけですが、そのまま忘れ去られてしまうのには勿体ない気がしています。
<< 忘れた… 加熱ステージ図面 (自宅ででき... >>