たらりん

ご近所さんかが、LWDコンデンサの写真を見て、光学系の調整が完璧でないと教えてくれた。おもわず、たらりんと冷や汗が出てきた。どこで分かったのかを訪ねたら、視野絞りの像の上下の色滲みとのこと。
可能性としては
ステージ系の曲がりか、コンデンサ系の曲がりか光源フィラメントの位置がずれている
ことが考えられるらしい(それ以外にアーム変形という考えたくないものもあったけれど…)
というわけで
c0164709_2111261.jpg

普通の状態からステージを押してたわめてみた
c0164709_2112918.jpg

続いて、コンデンサを押してずらしてみる
c0164709_2114568.jpg

c0164709_2123152.jpg

c0164709_2115750.jpg

今度は、ランプの調整
c0164709_2125145.jpg

c0164709_2125793.jpg

c0164709_21323.jpg

なかなか微妙なのだけれど、ランプの調整で上下で色のにじみを逆にできるっぽい。
とりあえず、一番安直な理由ということにして心を落ち着けようかと思案中。
それにしても、液晶屋さんに比べて生もの屋さんは分解能命だから、画像にシビアだなぁと改めて実感した。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-27 21:06 | 顕微系 | Comments(0)
<< 沼のふち LWDコンデンサ(自宅で出来る... >>