一年

そして、1号炉が爆発して一年経った
c0164709_8524966.jpg

昨日、本屋でレジに並んでいたら目についてかごに放り込んだので、まだ読んでいないのだけれど、何が起こったのかは、多角的にきちんとした情報を拾っておきたいと思う。Fast and Fast 情報掲示板ではfushikizさんが、「BBCのドキュメンタリーがyoutube」にあるとの情報を出している。そちらも、まだ見ていないけれど、その下の流れをみると、11日以降は官邸は悪くない仕事をしていたとの印象だ。
ただ一つ、この一年で明らかになったことは、東電の上層部はこの国を朽ち果てさせても自分の会社だけは守ろうとする奴らだということだけだ。彼らがやってきたことは、消費者から過大な金をせしめて、それを原発の安全のためでなく、自分達の福利厚生や不必要な広報活動に消費する(そしてそのための余計な人を飼っている)ことで、事故後に東電社員による「誰のおかげで電気が安定供給されているのだ」という発言に対する答は、「東電に過大なお布施を与えていた消費者のおかげ」というのが正しい答であることが示されたと認識している。
でも、それは上層部を含む一部の人たちで、一方で、真面目に、誇りをもって、作業にあたられている多くの方々がいらっしゃることも、きちんと認識しておく必要がある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-03-12 08:30 | 科学系 | Comments(3)
Commented at 2012-03-12 21:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おもしろ!ふしぎ?実験 at 2012-05-05 12:03 x
民間事故調の北澤さんからのコメントも、載せています。北澤さんらは、報道の偏りを、残念に思ってらっしゃるようですが、ZAM20F2さんのように、ちゃんと見てらっしゃる方もいらして、うれしいです。 FBページですが、こちらからも、情報が出ています。 http://www.facebook.com/profile.php?id=100003390840200#!/rebuildjpn
Commented by ZAM20F2 at 2012-05-05 12:04
鍵付きコメントを頂いていたのを認識しておらず、公開されているつもりがされておらず失礼しました。上記、オリジナルの日時は3月12日です
<< 一年 一年 >>