半絶滅種:ロットリング社Quickset Compasses

ロットロング社の製図ペン用のQuickset Compassesである。
c0164709_8595947.jpg

最近の品は、合体ロボットみたいにごつくて、中車タイプなのだけれど、これは、大型スプリングコンパスに工夫を加えた物。ギアの部分を拡大すると
c0164709_8595794.jpg

なのだけれど、微調用調整つまみは下にずらすことができ、そうすると自由に開閉できる仕組みだ。
この品は元々はHAFF社のものでOEMでロットリングが出しているのだろうと思う。HAFF社のWebには現在でも、このタイプの普通のQuickset Compassesや、製図ペン用のもの(ただし、少しペンホルダーの部分の細工が違うようだ)が掲載されている。
そういう意味では絶滅はしていないのだけれど、でもHAFF社は日本に代理店はなく、クレジットカードの受付はないので、海外銀行送金しか支払い方法がないという状況で、取り寄せるのにはかなりの根性とコストが必要だ。
ちなみにHAFF社があるPfrontenはドイツ南部。人口1万人に満たない小さなところらしい。近くにはフュッセンがある。フュッセンには極東の島国に姉妹都市があり、その付近でProftenに近い人口の町を探すと昭和村あたりになる感じだ。

この品はネットオークション経由。欧州古道具屋の発掘品らしい。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-08-12 09:25 | 物系 | Comments(0)
<< あまくない 地上8000キロの凹面鏡 >>