礫時計のある博物館(続々)

博物館は自然史博物館なので、動物の他に鉱物もある。
c0164709_7244212.jpg

c0164709_7244571.jpg

c0164709_7244845.jpg

c0164709_7245095.jpg

c0164709_7245356.jpg

このあたりは、特定の元素が含まれている鉱物と、その元素を使った製品。
こちらは、
c0164709_7245569.jpg

c0164709_7245778.jpg

c0164709_725052.jpg

c0164709_725229.jpg

c0164709_725486.jpg

c0164709_725699.jpg

結晶と、その結晶型だ。
展示としては地味なものだけれど、博物館としては正しい姿だと思う。極東の島国では、科学技術の先端とやらを見せるのが流行らしいけれども、そんな魔術と区別がつかないものを見せるよりは、身近な自然に目を向けるようなものをきちんと見せるのが博物館の本来の姿だろう。
ところで、結晶型だけれど、X線回折なんて技が出てくる前は、外形から分類されていたように聞いたことがある。
c0164709_72525100.jpg

な具合に、結晶面に文字を書き込んだものがあったけれど、そのそばにあったのは、
c0164709_7253027.jpg

一瞬、分光器かと思ったけれど、試料台のところは
c0164709_7253387.jpg

とゴニオの山。思わず、ほれぼれしましたとも。
とはいえ、これがあっても、
c0164709_7251176.jpg

の結晶面は出せる気がしない。一瞬、こんなところにサクラダファミリアがと思いましたとも。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-08-27 07:34 | 科学系 | Comments(0)
<< おっと 礫時計のある博物館(続) >>