おっと

礫時計のある博物館を一回りして螺旋階段を降りるとエントランスホールなのだけれど、降りてきたあたりにはカフェがある。とりあえず、座ってコーヒーなど。
c0164709_2122573.jpg

1.9ユーロでした。コインロッカーとあわせて3.9ユーロと思っていたら、コインロッカーのお金は戻ってきてしまった。
入り口の売店には、なかなかよい砂漠のバラがあったのだけれど、壊さずに持って帰る自信がないので、あきらめて変えることにする。入り口を出て振り返ると見知らぬ人。
c0164709_2122828.jpg

顔をしげしげ見ても
c0164709_2123059.jpg

だれだか分からないのだけれど、後ろの説明を見ると
c0164709_2123398.jpg

おっと、ショットさんじゃありませんか。そういえば礫時計の下のプレートにも
c0164709_2125858.jpg

があったわけだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-08-27 21:06 | 科学系 | Comments(0)
<< 大動脈 礫時計のある博物館(続々) >>