北緯50度の街の国からの郵便物

 北緯50度の街がある国から郵便物がやってきた。切手の代わりに送料分のシールが貼ってある。
c0164709_1911127.jpg

シールにはモノトーン印字で、送り主のロゴが入っている。北緯50度の街よりは随分と南の方にある小さな街の小さな会社からの郵便物だ。

 HAFF社は高級コンパスを作り続けている(私の知る限りで)世界唯一の会社である。現在では極東の島国には、HAFF社の代理店はないので、流通在庫(もし、あればだけれど)を探す以外には極東の島国の店で新品を入手する術はない。とは言え、このネットの時代なので、HAFF社も自社サイトを持っており、そこを見れば現行製品と価格、そして連絡先が記してある。でも、支払い方法は銀行振込のみとなっている。ということは…極東の島国からだと、意味なく高い海外送金手数料を取られるわけで、よほど多量に買い込まない限りは、非常にコストの悪い買い物になる。

 というわけで、HAFF社のある国に行く機会があるなら、現地で入手する事を考えることになるわけだけれども、これは、実際にはかなり困難な模様である。北緯50度の街はHAFF社のある国にあるのだけれど、HAFF社に問い合わせたところ、北緯50度の街には販売店はないという。そこで、北緯50度の街から電車で小一時間ほどの大きな街の販売店を問い合わせたのだけれど、そこにもないと言われた。

 途方にくれていたら、先方から、北緯50度の街で銀行に行って少額小切手をつくってそれを郵送してくれれば、発送するとの連絡が来たの。でも、観光ではないので、昼に街をあるく時間はないし、銀行の窓口でどうやって目的の物を作るのかも定かではない(旅行ガイドも、そんな状況は想定していないのでやり方は書いていない)。しょうがないから、少額小切手を作るもとになるものを直接封筒に押し込んで送ってみた。極東の島国だと専用封筒でないと、いけないことになっている手法だけれど、北緯50度の街がある国の郵便システムがよく分からないので、封筒に手紙と一緒に入れて郵便局に持って行き、窓口のおじさんに言われた金額を払って送って貰った。今回は、郵便事故があっても、まあ、あきらめきれる程度の金額の買い物なので、それで済ませたけれども、製図フルセットなどを頼もうと思ったら、この方法は使いたくない。代金は、極東の島国までの送料も含めて、事前のやり取りで分かっていて、紙だけでちょうどすむ金額だったのが幸いしている。もし、金属製品を封筒に入れる必要が生じる額になったら、適当なパーツを加えて端数を無くす努力をした方がよいかもしれない。
入金確認のメールのあと、極東の島国まで封筒がやってきたわけだ。

それにしても、今回の経験で分かったことは、HAFF社はまだ製図器具をつくってはいるが、本国でももはや普通には流通していないということ。かなり絶滅が危惧されるという印象がある。HAFF社のある国にいく機会があるとしても、今回のような手法で極東の島国への郵送を依頼するか、あきらめて、極東の島国から銀行振込をするのがよい手法のようだ。

ところで、今回取り寄せたものの一つは
c0164709_1911722.jpg


これ。ドロップコンパスの針だ。少し前にネットオークションでドロップコンパスを入手したのだけれど、針先が微妙に曲がっている感じがする。針を回すと先頭部分の光の映り方が変化する。僅かだけれど曲がっているわけだ。やってきた針に付け替えたところ回しても変化はしないようになった。なかなか気分がよい。
c0164709_191225.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2012-09-09 19:03 | 物系 | Comments(0)
<< B/W Full-frame ... サイエンスプロムナード(承前) >>