現行機種:HAFF社 226 Drop Bow Compasses

北緯50度の街がある国から中心の針を取り寄せて調子がよくなったHAFF社のドロップコンパスなのだけれど、釜飯やの上にマリヤ像が見える街の文房具屋で店頭在庫を見つけて保護してしまった。
c0164709_739371.jpg

上が今回保護したもの。現在のHAFF社のWebの画像は下のもので、今回保護したものは、それに比べると微妙に作りが違う。
写真で目立つのは持ち手部分
c0164709_7393379.jpg

本体軸のローレット加工と針のローレット加工が入れ替わっている。先端部分も拡大してみると
c0164709_7392922.jpg

と針先の形状と鉛筆芯の保持方法が違うのが判る。鉛筆芯の保持方法の違いと連動して差し替え部分の角度も異なっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-10-17 07:59 | 物系 | Comments(0)
<< 複写台 有害団体 >>