テスト中

しばらく前にニコンの旧型の顕微鏡を入手した。1台は単眼の偏光タイプ、もう一台は3眼で新型の写真鏡筒につながる部品がついていた。両方とも、ボディーは疲れた感があったのだけれど、とにかく、魅力的な部分があり、それほど値も上がらなかったので手元にやってきた。
両方ともS型の宿痾ともいうべき、微動のプラスチックギア-が破損していたのだけれど、それは修理をお願いして、戻ってきたので、とりあえず、2台分から良さそうな部品を使って組み立ててみた
c0164709_21325796.jpg

取り敢えず撮影した珪藻が
c0164709_21354629.jpg

でも、なんといってもメインはコノスコープ画像を撮ること。何しろ、手持ちの機材は三眼鏡筒の目視の方にしかベルトランが入らないので、コノスコープの写真撮影ができなかったのだ。しかし、予想どおり、落札した中間偏光鏡筒にはベルトランが入っていた。というわけで、とりあえず、撮影した雲母のコノスコープ像
c0164709_21365490.jpg

明るさの均一性とか調整がひつようだけれども、とにかく写真撮影が可能になった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-11-12 21:38 | 顕微系 | Comments(0)
<< コノスコープ画像のサイズ ミニミニ授業書《ミニ授業書 虹... >>