同じだと思う

だいぶ昔に写真の新藤さんのブログで紹介されていたアルカリ電解水クリーナー。ホームセンターで詰め替え用パッケージを見かけたので、思わず買ってきた。
c0164709_21364375.jpg

といっても、使うのが目的ではなく、正体を知りたかったから。というわけで、成分を見ると
c0164709_2137146.jpg

となっている。換算量とかいてあるけれど、これは、単純には食塩水を電気分解して、水酸化ナトリウムの水溶液になった方を使っていると読み取れる。pHを計ってみると
c0164709_21385891.jpg

となかなかのアルカリ性。これなら油脂系のものは加水分解するだろうtから、クリーニング効果があるのも納得できる。多分、この前に地下鉄の駅で破裂事故を起こした業務用アルカリ洗浄剤ほど濃くはないだろうけれど、素手であつかったら結構ぼろぼろにならないかと心配になってしまう。
それにしても水酸化ナトリウムの水溶液でしかないものを、なんでアルカリ電解水なんて、うさんくさい名前で売るのだろう。まあ、水酸化ナトリウムは劇薬になってしまうので、そのイメージを避けるためとか、いろいろ目的hあるのだろうけれども…
ところで、pHは計ったのだけれども、炎色反応でナトリウムがちゃんと入っているのを示すのは忘れてしまった。そこまでやれば、もっときっぱりと薄い水酸化ナトリウム水溶液じゃないかと断言出来たのに…
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-11-15 21:44 | 科学系 | Comments(0)
<< かってにアート コノスコープ画像のサイズ >>