干渉対物:スライドガラスのかけ

c0164709_2038289.jpg

スライドガラスを少し傾けておくと縞構造が結構すぐに見つけられてピント合わせが楽なのだけれど、平においてしまうと、かなり注意深くピント調整をしないと縞構造が見えない。真中上に見えているのは、ガラスのかけだと思う。ピントをずらすと
c0164709_2038022.jpg

とかけた部分の中に縞構造が出現する。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-22 20:40 | 顕微系 | Comments(0)
<< cholesteric dro... 干渉対物:エポキシ接着剤液滴 >>