自動車の理科研究(続):少国民理科の研究叢書(7)

c0164709_2045223.jpg

なかなか格好いい自動車絵も楽しい自動車の理科研究。自動車の種類の話から始まって、自動車の機構やら、さらには燃料の話など、盛りだくさんである。
最初の方は、聞きたがり屋の少年がでてくるけれども、後の方はだんだんと出番は少なくなっていく。この本は、まだハードカバー時代の物で、箱の絵の他に、
c0164709_20452458.jpg

と、本にもすてきな絵がある。ただ、本の中には
c0164709_204526100.jpg

といった写真はあるものの、カラーの図はなく、単に発行時期だけでなく、必要に応じてカラー図版が使われていたようだ。
自動車の理科研究であるのだけれど、戦時下であることを反映して、木炭自動車なんかもでてくるし、そして、箱裏の
c0164709_2045196.jpg

も含めて、タンクの話にも頁をさいている。
当時の子どもはそんなのを見てワクワクしたのだろうと思いながら、今の我々がわくわくしている事って、半世紀後にはどう見えるのだろうかんなどと思ったりする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-26 21:02 | 科学系 | Comments(0)
<< ついで ばったもん? >>