浪饅と労研饅頭

だいぶ前に紹介した労研饅頭(ろうけんまんとう)は元々は倉敷の労働科学研究所が発祥なのだけれど、現在では、その近辺ではほぼ絶滅していて、内海を渡って西の方に行った街に生き残っていることになっている。で、このまえ、発祥の付近に出かけた時に見つけたのがこれ。
c0164709_1426447.jpg

漢字からは、労働科学研究所は出てこないのだけれど、饅頭の作りと、発音からは、なんか、労働科学研究所の饅頭を引きずっている気がする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-03-17 14:29 | 物系 | Comments(0)
<< BAHCO社 ウォーターポン... 微妙に違う >>