二重コイル

昨日の電球のフィラメントを拡大すると
c0164709_21544866.jpg

と二重コイルになっているのが分かる。これに限らず普通の白熱電球も二重コイルだったと思うけれど、スリだと中のフィラメントの観察は困難だ。
それにしても、随分と高度な技術が使われていると思う。タングステンは素人には加工できないような金属なのだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-05-08 21:57 | 物系 | Comments(0)
<< 白熱電球の引き口 Panasonic白熱電球 >>