物理のかたまり

下の写真は、この間まで使っていたカーナビだ。CDドライブが壊れたらしく、完全に動作しなくなってしまった。補修部品はもうないだろうし、CDの更新もだいぶ前になくなっているので、つけ替えることにして外してもらった。
c0164709_21225571.jpg


それにしても、カーナビは物理学の塊だ。衛星からの電波をとらえるのは電磁気学、その後の半導体類は量子力学、そして、CDには光学。この機種には使われていないが、つけ替えたやつには加速度センサーがあり、それは勿論ニュートン物理学。そして、衛星の時計補正には、一般相対性理論。熱・統計力学だけは直接的に使っている部分を思いつかないのだけれど、それ以外は全部込みという豪華版だ。(あ、でも、ディスプレイに使われている液晶の物性は統計や熱力学の世界だ。というわけで、本当に全部入りだ)
有名な割りには実生活とは縁のない相対性理論まで使われているシステムを普通の人が入手できるなんて、なかなかすごい話だと思う。

それにしても、1DINタイプの据え付け型は世の中に存在しなくなっていて、ポータブル+1DINキットという組み合わせになった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-07-10 21:23 | 科学系 | Comments(0)
<< 定位置 リンドストローム社 先丸プライヤー >>