あと少し

10月6日までなので、時間を作って覗きに行った
c0164709_2134487.jpg

上野の山でやっているやつだ。入ってすぐに
c0164709_21345126.jpg

なのが展示してある。水圧で発泡スチロールもつぶされていく。というわけで、深海探査艇の浮力体には気体系ではなく、石油のような液体を使っていると思っていたら、最近のものは
c0164709_21345621.jpg

な固体のブロックを使っているらしい。といっても完全な固体でなく
c0164709_21345929.jpg

の説明によると微小な硝子球が入っているらしい。確かに、微小な硝子球なら圧力にかなり強そうだ。そして、0.54という比重は石油より遙かにかるく魅力的。
これを使っているやつの模型もあったけれど、それはまた。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-09-26 21:41 | 科学系 | Comments(0)
<< 浮力体内蔵 飛行中 >>