ハッピーパウダー

体験コーナーの奥にはコンピュータやらロケットなどの技術的なものものの展示がある。その入り口付近に
c0164709_21503614.jpg

と行列用のラインがあった。行列は好きではないので、見かけると避けて通るのだけれど、人が並んでいないとなれば話は別。何かなと思ってみてみたら
c0164709_21514638.jpg

と顕微鏡を覗くことができる。その画像は横にも表示されるようになっていたのだけれど、なにかと思ったら、小惑星体からやってきたもの。虚構新聞によればハッピーパウダーと分析された物のうちの一粒だ。
こんなものがこんな所にあるとは思いませんでしたとも。見た目、単なる砂粒だけれど、見るとちょっと幸せな気分になるので、確かにハッピーパウダーだと思った。
それにしても、深海展にあれだけいた人々が、ほとんどここまでやってこないのは不思議なことだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-10-16 21:54 | 科学系 | Comments(0)
<< 計算道具 解説の功罪 >>