CDのパターン

CDのパターンを撮影することになった。前にも撮影したことがあるのだけれど、他の人の撮影したのも含めて今ひとつだったのだ。
で、補正環付きの対物を引っ張り出すことにした。
c0164709_1312582.jpg

は補正環1.1mm


c0164709_13345.jpg

1.12mm


c0164709_1332364.jpg

1.15mm


c0164709_135551.jpg

1.17mm


c0164709_1351718.jpg

1.2mm

いずれも対物はドライの100倍。調べたところ、CDのパターンは下から1.2mm、上から0.01mmの所にある。そこで、上面からノーカバーの100倍でも撮影してみた。
c0164709_136453.jpg


上から100倍ノーカバーでも悪くはないけれども、補正環1.17あたりが一番シャープなようだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-12-01 13:10 | 顕微系 | Comments(0)
<< M Plan 100 PC 20世紀における網点写真の作り... >>