偏光フィルムと偏光プリズム

第二次世界大戦前と戦後の偏光顕微鏡のアナライザー部分
c0164709_20525549.jpg
右側が戦前のものでプリズムを使っているので遙かに厚いものになっている。
 上から見ると
c0164709_20531098.jpg
と偏光プリズムの方は四角いプリズムが見えており、光路の全面が有効ではないことが分かる。
 散乱のない良質のプリズムなら偏光フィルムより消光比は良いのだけれど、大きなサイズは非常に高価だし、取扱に注意が必要な光学部品だ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-22 20:57 | 顕微系 | Comments(0)
<< 準備中 つめあと >>