貝印オートロックロングカッター

ロング刃はオルファからは出ているけれどもエヌティーからは出ていない。では他のメーカーはというと、貝印からは出ている.但し、刃の長さはオルファよりさらに少しばかり長い。オルファの特選ロングと比べると本体が少しばかり長くなっている。
c0164709_07405811.jpg
ただし、貝印のロング刃はオルファの特選ロングのホルダーにかろうじて収まる。貝印から未使用の刃を外してオルファに入れると
c0164709_07410172.jpg
といった具合になる。貝印のオートロック形ホルダはスライダーの真ん中のボタンを押すと、両側の溝に引っ掛かっている出っ張りが沈んでスライダーが動くようになる。
c0164709_07410554.jpg
オルファからこんな構造の特許が出ているように思うのだけれど、どういう関係にあるのだろう?さて、このカッター、個人的には使い勝手は微妙。というのは、刃を出し入れする時には、スライダーの真ん中ではなく端に指を置いて押したり引いたりすることがあり、そうなると真ん中のボタンを押せないのでロックが解除出来ない。エヌティーやオルファがスライダ全体が解除ボタンとなっているのは、このあたりの要望に応えるためかも知れない。ついでに、このタイプとオルファロングの普通のと爪付きの先端部分を比較してみると、爪付きのやつだけ左右が大きな非対象構造になっている。
c0164709_07410933.jpg
このあたり現場の細かい要望に応えてバリエーションがあるのだと思うけれど、逆に言えば、それだけ非汎用的な道具であるとのかもしれない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-07-06 07:44 | 物系 | Comments(0)
<< なんか変 安全カッターの謎(2) >>