二本足のコマはたたない

c0164709_18104148.jpg
これは50年前ほどのテレビ番組の一コマ。製作は岩波映画だけれども、もともとは、中谷宇吉郎先生が始めたスタジオを引き取って立ち上がったものだけに、しっかりした科学番組をつくっている。
この回は
c0164709_18110110.jpg
という、その時点から50年程前にあったという
c0164709_18110363.jpg
コマを使ったモノレールを再現する実験の話だ。
この話は、だいぶ前に、「大科学実験」との比較というか、50年の間のテレビの科学番組の劣化を示す実例として出したものだけれど、MWSさんのところで、地球ごまが出ているのを見て、少し画面を出してみることにした。

このモノレールの模型をつくって、動かして見るべく
c0164709_18111039.jpg
と、地球ごまを使った模型をつくるのだけれども、あっさりと倒れてしまう。翌日が撮影というので、必死になって、倒れない模型を作り上げるところまでのストーリーから、コマが倒れない原理を示すのがこの回の内容。
その中で
c0164709_18112490.jpg
のような2本足のコマが出てきて、倒れてしまう様子が映し出され、歳差運動を見せるのは
c0164709_18112799.jpg
高層度撮影の粒子のめだった画像となるのだけれど、注目すべきことは、この地球ごまは赤道回りのリングが切り取られていること。そして、歳差運動を行える
c0164709_18113027.jpg
のような2本足のコマがきちんと立つことが示されて、そしてついにモノレールへの実装とつながっていく。この2本足のコマも、赤道回りのリングは残っているけれども、足は独自工作。
このDVDシリーズ、仮説社からでているけれど、とにかく高いのが難点。パッケージによると、版権は日立が持っているらしいのだけれど、それなら、社会貢献として、Web上でフリーで一般公開して欲しいものだ。



[PR]
by ZAM20F2 | 2014-07-20 18:24 | 科学系 | Comments(0)
<< 山北藤一郎さんの少年技師の電気学 科学教材社版と誠文堂新光社版 >>