水滴内の光路(2)


昨日の写真はスリットを入れたものだけれど、スリットを入れていないと
c0164709_22011035.jpg
と、連続した分布が見えるようになる。昨日も記したように、ガラスの一部を鏡面化して光を反射しているようになっている。容器を回転して2回目の反射(の一部)も反射するようにすると

c0164709_22011255.jpg
と、虹の二つ目の角度も見えるようになる。前に、反射屈折だけで虹の色が生じるのかを議論したけれども、これをみても、あんまりエッジで色が見えていない気がするだろうと思う。一方
c0164709_22010820.jpg
と、一部だけに光を通すと、外側の所に色調が見えるようになる。フラスコを使った虹のデモ実験は、だいたい、そんな条件で行われているのだろうと思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-23 22:06 | 科学系 | Comments(0)
<< エアリー風 水滴内の光路 >>