絶滅種:マルス ルモプラスト

c0164709_21061665.jpg

引出の奥から出てきた消しゴムのようなもの。ステッドラーのロゴは先代の、もっともシンプルになった時の物だ。
で、この消しゴムのようなもの、消しゴムではるのだけれど、オーバーヘッドプロジェクター(OHP)に油性のルモカラーで書いたものを消すためのものだ。
ルモカラーには油性と水性の方は水を軽く浸したティッシュで簡単に消せるのだけれど、油性の方は有機溶媒がないと消しにくい。で、これの出番となる。当時の能書きだと溶媒の液滴が入っていた、それで消えるような話だったと思うのだけれど、後を残さずに(擦り傷を付けずに)消すのは困難だった記憶がある。
OHPの衰退とともに、ルモカラーも衰退の一途をたどり、一頃はCD-Rに直接書けて、記録を傷めないのを売りにしていたのだけれど、今は何で売っているのだろう。


[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-26 21:17 | 物系 | Comments(0)
<< 当歳 非エアリー >>