干渉フィルターの色味変化(III)

干渉フィルターと吸収型フィルターの違いを見せるデモ用品を作ってみた。75mm角のフィルターを、カブネサイズのナングレアガラスに挟んでいる。
正面から見ると
c0164709_22294143.jpg

と一応両方とも緑だけれど、傾けていくと
c0164709_22294539.jpg

c0164709_22294823.jpg

と干渉フィルターの方がブルーシフトする。一方、反射光でみると
c0164709_22295128.jpg

干渉フィルターは補色のマゼンタとなる。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-12-05 22:32 | 科学系 | Comments(1)
Commented by kmitoh at 2014-12-07 19:22 x
 いま、OCNからgooに引っ越しをしています。
その過程で、クシクラゲが虹色に光って見えるのは
どういう仕組みなのかなと、いまさら不思議になりました。
 以前、ある大学の医学発表で使用したいので写真を使わせてほしいとメールが入ったことがありました。
その時は何も考えないでいいですよと返信しました。
 いまそちらで載せているブログの内容を見ながら、関係しているのではないかとコメントしました。
 わかりやすく説明していただけませんでしょうか。

<< クラゲの構造発色についてのメモ 干渉フィルターの色味変化(II) >>