210mm鏡筒金属用20倍対物レンズ

ミクロワールドサービスさんの2015年2月の本日の画像に随分と対物レンズが出ていた。最近では、少しは被るレンズもあるのだけれど、もともと使っていたのは随分と違うラインナップだった。液晶観察では試料がホットステージに入っていることが多く、市販のホットステージでは、作動距離が10mm程度以上ある対物でないと対応できない。というわけで
c0164709_20412791.jpg

写真は20倍の金属用対物レンズ3種類。右が普通のもので作動距離は2.7mm。真ん中がELDWで作動距離10.5mm、そして左のSLWDは作動距離19.9mm。SLWDは世間の評判ではELDWに比べて色収差が大きいというのだけれど、ホットステージとの組みあわせの使いやすさは抜群だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-03-12 20:54 | 顕微系 | Comments(0)
<< 210mm鏡筒金属用40倍対物レンズ 半旗 >>