210mm鏡筒金属用10倍対物レンズなど

c0164709_15344130.jpg

20倍、40倍に続き本日は10倍。通常の品はW.D.9mm。そして左のSLWDは20.4mm。10倍にはELDWは存在していない。倍率によって、通常の品の他にLWD、ELDW、SLDWがある。
20倍と40倍は写真で紹介したELDWとSLDWの他にLDWもあり、作動距離はそれぞれ6mmと3mm。これは、ホットステージには使い物にならない作動距離だ。
ELDWは60倍と100倍もあり、作動距離は4.9と2mm。
SLDWは100倍があり、作動距離4.7mm
これらはいずれも作動距離が足りなくてホットステージには使えない。というわけで、ホットステージに使える20倍以上の対物を改めて出すと
c0164709_15345096.jpg

ELDW兄弟と
c0164709_15345441.jpg

SLDW兄弟となる。
これらは有限系だけれども、無限遠補正系でもこれに対応するようなレンズは出ている。ただし、ニコン、オリンパスとも生物用の対物ではなく工業用の対物なので、生物顕微鏡のカタログで対物レンズを探していても、見つからないのではないかと思う(ここは、凄く不思議なところだ)。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-03-15 15:41 | 顕微系 | Comments(0)
<< 旧世代長作動対物レンズ 国際化の先 >>