OLYMPUS AIR A01 オープンプラットフォームカメラでの複写と接写(中高倍率編)

前回の低倍率編に続いて、中・高倍率編。
AIR A01自体を三脚座に取り付けるのは、安定性や強度で不安があるのだけれども、カメラ側の三脚座を使う場合には、本体が軽量でコンパクトなのでバランスがよい感じになる。
c0164709_21184631.jpg

用いた被写体は、都合よくも、その辺に転がっていたゾウムシ。大きさはボディーが2cm弱だ。
c0164709_21185238.jpg

これはOM80マクロでの撮影。撮影倍率を1倍にしたのが、
c0164709_21185898.jpg

さらに専用のクローズアップレンズをつけると倍率は2倍になる。
c0164709_21190596.jpg

続いて、OM38mmでの最高倍率。
c0164709_21191216.jpg


そしてOM20mmでの最高倍率。
c0164709_21192063.jpg


ここまではOMマウントのレンズだけれども、OMにはRMSアダプターがあるので、それをつかって、ミノルタの12.5mmをつけてみた。
c0164709_21193081.jpg

撮影風景はこんな感じだ。
c0164709_21193749.jpg

OMのエクステンションチューブは115mmまでなので、これ以上の倍率にするには、ベローズを持ち出す必要がある。というわけで、持ち出したベローズだけれども、A01が軽量のこともあり、普通の複写台でどうにかなっている。実は、高倍率の拡大撮影用に普通より剛性の高い台もあるのだけれど、ほとんど出番が無くなるのではないかとさえ感じている。
ミノルタの12.5mmをベローズで使ったもの。
c0164709_21194773.jpg

そして、ついでにMPlanELDWの40倍対物を取り付けてみた。
c0164709_21195219.jpg

厳密では無く鏡筒長を210mmにしている。これで、

c0164709_21195887.jpg

のように撮影出来てしまうのだから、なかなか驚異である。



[PR]
by ZAM20F2 | 2015-03-30 21:22 | 科学系 | Comments(0)
<< 70-300 OLYMPUS AIR A01... >>