ULWD20倍補正環付き対物レンズ

1mmのガラス板で見えなくなってしまったものも、補正環付きの対物レンズを使えば見えるようになる。まあ、今だったら液晶ディスプレイ対応の対物レンズがあるのだけれど、有限系補正対物レンズでも1mm以上のガラス厚に対応している物もある。
c0164709_21581905.jpg

写真はオリンパスの20倍補正環付き対物レンズ。左2つは基本同じもので位相差対応かどうかの違い。右のLDWは作動距離があまり長くないけれども左のULWDはそこそこの作動距離がある。某社で液晶研究に使われていた顕微鏡に真ん中のタイプが付いているのを見たことがある。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-14 22:02 | 顕微系 | Comments(0)
<< ULWD40倍対物レンズ 見えなくなるもの >>