出来ないことはない

ニコンの2光束干渉対物レンズ
c0164709_17291692.jpg

対物レンズの先端にハーフミラーがあり、内側には小さな反射鏡が、外側のピント位置と同じ光路長になる場所に取り付けてある。
落射で使うけれど、照明光が適当な割合で試料と反射鏡に分かれ、もどってきて干渉を起こす。反射鏡は平坦に作ってあるので、試料側の凹凸に応じた干渉が生じる。
干渉がきちんと生じるためには、半透鏡から試料と内側の反射鏡までの光路長が光の波長程度で揃っていないといけない。ずれがあると
c0164709_17292868.jpg

と試料にピントが合った状態では干渉による色調が見えず、ピントをずらすと
c0164709_17293044.jpg

とぼけた画像に干渉の色が重なって見られるようになる。
単色光を光源にすれば、この状態でも干渉縞は見られるだろうと思うけれど、なんか気持ちが悪いので、調整を試みた。
外側のカバーを外すと(これがすごく固かったりする。時にはこびとさんが外しておいてくれることもある)中身はこんな感じ。
c0164709_17293403.jpg

黒い内側の鏡筒に半透鏡がついている。印が付いているのは最初の状態(やら、途中の状態)を保存するため。
根元はねじなので、これを回せば調整出来そうな感じである。先端側にイモネジが2つあるので、これを緩めて、回そうとするも、普通に廻ろうとしない。かなり力ずくで回そうとすると、あとはそれなりに廻ったりもする。
調整後は
c0164709_17293992.jpg

と、試料のピントと干渉縞が重なって見えるようになる。
回すのが固いと書いたけれど、作業中にやっちまったかもしれないと焦った場面もあったし、2つあるイモネジの一つはピンセットがはねて方向不明のまま。個体差はあって、楽に調整出来るのもあるかも知れないけれど、少し用心してかかった方がよい気がした。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-05-17 17:42 | 顕微系 | Comments(0)
<< スイレンサイタ ビタミンC(2) >>